2回目デートに誘われない理由は?男が引いてしまう女性の5つの行動

「婚活で出会った男性と初デートは会話も弾んでいい雰囲気だったのに、2回目のデートに誘われない・・・・・」と悩んでいる婚活女性はいませんか?

なぜ初デートの1回でいつも終わってしまうのでしょうか?

もしかしたら、あなたが初デートで男性がひそかに引いてしまう行動をしているかもしれませんよ?

女性からすると「えっ、そんなことで?」と思うような些細なことで男性はあなたに「この人はなし!」と烙印を押されているかも。

いくら考えても2回目のデートに誘われない理由がわからない・・・・というあなた。試しにこれからお伝えする「男性がデートで引いてしまう行動」をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

初デートで楽しかったと感じたのはあなただけかも?

初対面のときはお互いに緊張していたのもあり、相手のことを冷静に見る余裕なんてないかもしれません。

でも、デートとなると長時間を一緒に過ごすわけだから、初対面のときには見せなかった一面に気づくことも当然あるでしょう。

男性の中には、実際にデートで会ってみたら何か違った・・・・。でも、せっかくのデートだし、相手を楽しませなきゃという気持ちで初デートに挑む人も多いです。

初デートで楽しませようとするサービス精神旺盛な男性は、女性からしてみると脈があるかないか・・・の判断は難しいですよね。

だから、自分では盛り上がって終始いい雰囲気だったのに、「なんで?いい感じと思っていたのは私だけ??」と思うことも多々あります。

実際に、私も婚活中に初デートは「楽しかったしいい感じだな~」と思って2回目のデートに誘ってもらえることを期待していたのに、「終了~」なんてことはよくありましたよ。

そのまま連絡もなく音信不通で自然消滅なんてことも普通に経験ありました。

初デートだからと相手に好印象を与えようと背伸びする必要はありません。等身大の自分で挑めばいいんです。

最終的にはありのままのあなたを受け入れてくれる人でなければ、長い人生を一緒に歩んでいくことなんてできませんから。

とはいってもでーとを重ねてお互いのことを知り、理解しあえないと交際できないし、交際が始まらないと結婚も見えてきませんよね。

初デートは楽しむことも大事ですが、初デートのポイントはいかに2回目のデートに繋げるかです。そして3回目、4回目と会う回数を増やしていくことが大切です。

つまり「また会いたい!」と相手に思ってもらうことがポイントです。そう思ってもらわないと次のデートはないわけだから。

その為にも、これからお伝えする「男性が引いてしまう5つの行動」を知らず知らずにしていないかチェックしてみましょう。

女性らしさのアピール不足

初デートは男女問わず誰でも気合が入るものです。自分の中で100%のオシャレをして最新の注意をして挑むのではないでしょうか?

「明日、何着ていこう?」と初デート前日の深夜まで迷ってしまうなんて女性も多いようです。

あまりにもメイクや服装に気合入れすぎて、ブランドもので着飾るのはNGだけど、逆化粧っ気がなかったりカジュアすぎる服装で来られると男性は内心テンションが下がりまくっています。

いくらデート中に盛り上がったとしても男性は「自分に対してやる気がない?」と受け取ってしまいます。

初デートは普段は化粧っ気がなくファッションに興味がなくても、女性らしさを感じさせるファッションとメイクで挑みましょう。

彼の好意にケチをつける

例えば彼が初デートのためにあるお店を予約してくれていたとします。

ところが、そのお店は何度も来ていて知っていたとしても「ここ知ってる」「以前来たことがある」とは言わないようにしましょう。

食事中も仮に味が好みに合わなかったとしてもです。「ちょっと味が濃いいね」「これは辛すぎる、私苦手なの!」とつい言ってしまいがちです。

これって自分ではそのつもりなくても意外と言ってたりするので要注意ですよ!

彼のせっかくの好意に対してケチをつけると、その時点で「アウト!」です。次はまずないと思いましょう。

デリカシーのない質問をしている

婚活女性の中には結婚相手となる男性を見極めようとするあまりに、デート中の会話でまるで身元調査のような質問をする人がいます。

確かにいろいろと細かいことまで気になったり、知りたい、確認したいと思う気持ちはよくわかります。

だけど、これはダメダメです(汗)

「貯金はしていますか?」「転勤とか将来的にありますか?」「何で前の奥さんと別れたんですか?」「どうして今まで結婚しなかったんですか?」

など、まだ出会って間もない相手との初デートで年収や暮らしぶりを探るような質問はしないこと。

これから出会いを重ねてお互いの距離が縮まって行けば、いずれは聞いて確認しておくべきことだけど、最初の段階ではあまりデリケートな領域には踏み込まないようにしましょう。

会話中、相手の話の腰をおる

これは20代前半の女性よりも30代の女性、とくにバリバリと仕事しているバリキャリの女性に多く見られます。

30代となると男社会で長年働き、後輩や部下ができてきます。仕事への責任感もましてきますよね。

そうなると、その仕事しているときの感じで婚活をしてしまうんです。ついつい男性と張り合ってしまう女性もいます。

デートは自分のことを知ってもらうより、相手のことを知る絶好のチャンスです。ところが、相手が話しているときに、いつの間にか自分の話ばかりしてしまう女性がいます。

男性からすると自分のことばかり話す女性に対しては一気に引いてしまいます。そのときは笑顔で話を聞いてくれますが、内心は「この女はナシだな!」と烙印を押しています。

自分の話をするときはほどほどに。相手が聞いてくれば話すぐらいの感じでいいでしょう。

それよりも相手の話題に対して相槌を打ったり、「もっと詳しく知りたいです」「それで、どうだったんですか?」などと話を促して相手の話を聞こう、もっと相手を知ろうとする姿勢が大事です。

だからといって、くれぐれも身元調査のような質問はしないこと。

おごってもらって当たり前と思っている

結果的に男性が払ってくれたとしても、お財布を出すそぶりぐらいは最低限しましょう。

とはいっても、男性は会計時の女性の態度、表情を実はよく見ています。あなたは見られてるんです。

だから、本当に払う気があるのか、おごってもらって当たり前と思っているのか、見抜かれまています。

払ってもらって当然の態度はNGだけど、会計時、会計後のあなたの対応次第で相手に与える印象は180度変わるので、ここは注意しましょう。

「ごちそうさまでした」は当然言うとしても、それだけではダメです。必ず一言は添えるようにしましょう。

「ごちそうさまでした。○○がとても美味しかったです!」「次は私に払わせてくださいね!」「このあとのお茶は私に払わせてくださいね!」など気持ちを込めたお礼を忘れずにしましょう。

スポンサーリンク

婚活男性はあなたの行動をよく見ていますよ!

以上が、初デートで男性が引いてしまう行動でしたが、いかがでしたでしょうか?

当てはまる行動があった方はこれからのデート時は注意して挑みましょう。

中には、「なんか男って小さいね!」なんて思う方もるかもしれませんが、男性は女性が思っている以上に女性の発言、仕草、表情、態度を見ています。

婚活に、そして結婚に対して真剣であればあるほど、「この女性は自分にふさわしいか?」というよりも一緒に暮らしていけるイメージが湧くかをチェックしているんです。

男性が結婚相手に求める、というより絶対に譲れない条件を一つあげると、それは「安らぎ」です。

一緒にいて心が安らぐ相手は結婚相手として必須条件なんです。だから、上記した5つの行動は男性からすると「安らぎ」に反してしまうんです。

会計時の態度にしても、もちろん男性はデート代は自分が負担するものだと思っています。女性に払ってもらおう、割り勘にしてもらおうなんて思ってません。

中にはいますけどね・・・・。

男性は自分が払うものだと思っているけど、それでも女性がどんな態度をするかを見て、あなたの人となりを観察しているんです。

どこまで参考になったからわかりませんが、もし当てはまることが一つでもあれば、これからは初デート時に意識して行動してみてはどうでしょう。

些細なことだけど、婚活ってそういった些細なことを一つ意識して変えるだけで案外いい方向に行ったりしますから。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る