婚活でのデート費用は男性負担?それとも割り勘にすべき?

婚活で知り合った男性とデートをする場合の
デート費用はみなさんどうしていますか?

デート費用は一般的に男性持ちという風潮が
ありますが、今は必ずしも男性持ちという
わけでもないようです。

スポンサーリンク

デートでこんな婚活女性は嫌われる

婚活の場では男性が払うケースが多いようです。

いつも払ってもらってばっかりだと気が引ける
ので「私が今回は払います」と言っても拒否する
男性もいます。

とはいってもいつも払ってもらってばっかり
はどうも悪い気がするという女性もいるでしょう。

もちろん男性側は払ってもらおうと
思ってなくても「奢られて当然」な態度だと
まず嫌われてしまいます。

確かに男性がデート費用を負担することが
多いとは思いますが、いつも男性が負担してくれる
という考えで接していると婚活の場合はうまくいきません。

デートで男性に良い印象を持ってもらうために

デートでただ楽しかっただけではなく
次へ繋がるデートだったかというのも大事です。

当たり前だけど次がなければ
その男性とはそこで終わってしまいますもんね。

そのためにも楽しさだけでなく、
男性にいかに良い印象を残せるかも大事です。

その一つが支払い時の女性の態度です。
食事をしたとき、カフェでお茶したとき、
映画を観るときなど支払うシーンは何度もあります。

その時、男性はもちろん自分が払うと
思っていても女性の態度や仕草を見ています。

先ほどいったように
「ご馳走してもらって当たり前」のような態度を
していると男性は払ってもらう気はなくても
不快感を感じてしまいます。

払わないにしても、せめて払う意思は
見せることは大事です。

そして何よりもご馳走してもらったら
丁寧にお礼をいうことも忘れずに。

これって別にデートに限らず、
最低限の礼儀として必要なこと。

30代の男性はプライドも高いので、
払うと言ってもプライドが邪魔してしまうので
「私が払います」と言ってきます。

いつもご馳走になることにどうしても
引け目を感じるのなら食事代は男性負担にして、
その後のお茶代は「私が払いますね」と
言ってあげると男性は喜んでくれます。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る