【J婚】男性自衛官と結婚を前提とした出会いをする方法

自衛官と効率よく出会い方法
婚活している女性の間では自衛官はとくに人気の職業と言われています。

実際に結婚相手を自衛官に絞って活動している婚活女性も多いです。

自衛官は国家公務員ですから将来的にも安定した職業だし、強くて逞しく頼りがいがあるので結婚相手としては最適というわけです。

ただ、自衛官と本気で結婚したいのであれば、効率よく自衛官と出会える場所を見つけることが重要です。

単なる出会いではなく結婚を前提とした自衛官との出会いは一体どこにあるのでしょうか?

今回は自衛官と本気で結婚したいと考えている30代女性の方へ「自衛官と出会い結婚を前提とした交際をする方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

自衛官と高確率で出会える場所はどこ?

自衛官と出会う方法はいくつもあるのでいかに紹介します。

  1. ふれあいパーティー
  2. 婚活パーティー
  3. 結婚相談所
  4. 自衛官限定の婚活サービス
  5. 合コン
  6. 紹介

この中でも、手っ取り早く自衛官と出会えるのは、「ふれあいパティー」です。

これは、各駐屯地で定期的に開催されるお見合いパーティーのことです。

つまり自衛隊が公式で主催するイベントで、独身男性自衛官の出会い・嫁不足を解消するために始まった婚活パーティーと言ったほうがわかりやすいですね。

最近では、ナインティナインの冠番組である「ナイナイのお見合い大作戦」でも取り上げられて、ますます注目されています。

自衛隊主催のお見合いパーティーなら、出会う相手は100%自衛官ばかりなので、間違いなく自衛官と出会えること間違いなしです。

自衛官との出会い・交際・結婚を真剣に考えている方は、一度参加してみてはいかがでしょうか?

【要チェック】ふれあいパーティーは主催者によって規模が変わる

ふれあいパーティーに参加すれば、間違いなく自衛官と出会うことができますが、ここでひとつ予備知識として知っておいて欲しいことがあります。

それは、どこが主催するかによってふれあいパーティーの規模が大きく変わってくるということです。

ふれあいパーティーを主催しているのは以下の2つです。

  • 各駐屯地・基地
  • 各師団・方面隊

基本的に各駐屯地・基地で開催されるふれあいパーティーは師団・方面隊のと比べて規模が小さく、出会える自衛官も少ないようです。

ただ、少ないながらもメリットはあります。それは参加する自衛官が少ない分、一人一人とじっくり話せる時間があることです。

逆に参加人数が多い師団・方面団主催のふれあいパーティーは、陸海空とさまざまな業種の自衛官が参加するので、一度に多くの自衛官との出会いが期待できます。

その反面、参加人数が多いため一人一人と話す時間が短く、全く離せないまま終わってしまう自衛官も出てきます。

女性の参加人数も多く、一人一人と話せる時間も限られているので、短い時間でアピールしないと出会えただけで、それ以外は何の成果もないまま終わることもあります。

どちらにしてもメリット・デメリットはありますが、あなたの行動・アピール次第では憧れの自衛官の心を射止めることも十分可能なので興味あるかたは、ぜひ参加してみましょう。

自衛隊と企業がコラボしたJ婚も注目!

J婚って言葉をご存知ですか?すでに知っている方もいると思いますが、「自衛隊婚」に略です。

今は、どちらかというと自衛隊が単独で主催する婚活パーティーよりも、企業と提携して開催されるJ婚が増えているようです。

自衛隊と提携している婚活支援企業として有名なものをご紹介します。

  1. 自衛隊プレミアムクラブ
  2. エクシオ
  3. ノッツエ
  4. Bridalチューリップ
  5. 自衛隊プレミアムブライダル

エクシオは全国でさまざまな婚活パーティー・イベントを開催するイベント会社で、自衛隊限定の婚活イベントも多数開催しています。

また、自衛隊専門の婚活イベント会社もあり、中には自衛隊OBが経営しているところもあります。

自衛官と単に出会えるイベントではなく、さまざまな趣向を凝らして自衛官とのカップリング、交際をサポート、フォローしてくれるものもあります。

今までは自衛官と出会いたくても近くに駐屯地がないため諦めていた方も、こういった企業とコラボしたパーティー・イベントが全国各地で開催されるケースが増えています。

あなたのお住まいの近くでも開催されているかもしれませんよ?

上記した婚活支援パーティーを一度覗いて、いつどこで、どんな自衛官との婚活イベントが開催されているかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る