自衛官と結婚するには身辺調査されるらしいけど内容が知りたい!

自衛官と効率よく確実に出会う方法

自衛官との結婚を望む女性が増えています。

あなたもその一人でしょうか?もしかしたら、すでに今付き合っている自衛官の彼との結婚を真剣に考えている方もいるかもしれませんね。

そこで、気になるのが「身辺調査」ではないでしょうか?

自衛官と結婚する場合、妻になる側のことを身辺調査されると知って過敏になってたり不安を抱いている方もいると思います。

そこで今回は、自衛官と結婚する場合に行われる「身辺調査」について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

身辺調査は本当にするの?どこまで調査されるの?

自衛官の妻になる場合は、妻側は必ず身辺調査をされます。

身辺調査と聞くと、自衛隊幹部に呼ばれて、根掘り葉掘り尋問されたり、国の捜査官が徹底的に身辺を洗いざらい調べ上げるのでは?

と過剰にイメージして恐怖心を持つ人もいると思います。

でも、実際には身辺調査と言っても、妻側の家族構成、家族の職業、住所を調べるだけです。

調べるといっても、書面に上記のことを、あなた自身で記載して提出するだけで、いわゆる自己申告です。

ちなみに申告書は結婚後に、夫が持って帰ってきて、それにあなたが記載するといった流れです。

こう聞くと、中には「なんだ、そんなものか・・・・」と拍子抜けする方もいるかもしれませんね。でも、実際にはその程度のことです。

これって大手企業の一部でも、こういった簡易な身辺調査はされていますし、結婚相手の身元に拘る所は両親が相手方を調べるというケースもあります。

特殊と言えば特殊ですけど、一般的と言えば一般的とも言えますね。

ですから「身辺調査」という言葉に過剰に反応する必要はないので安心してください。

結婚はできるが場合によっては昇進に響くケースも・・・

調べるのは、妻となるあなた、そして家族構成と家族の勤務先、所在地のみですが、

それを把握した後に、あなた、そして家族の犯罪歴や反社会活動の有無などは調べれるようです。

そこで気になるのは、あなた、あるいは家族に犯罪歴があった場合、反社会的組織での活動があった場合はどうなるのか?ですよね。

仮にあったとしても法律上、結婚を拒否する権利など自衛隊はもちろん誰にもありません。

法律上は、仮に結婚相手が前科持ちでも反社会的組織の一員でも二人に結婚の意思があればできます。

ただ、あなた、あるいは家族に上記に経歴がある場合、夫の昇進・出世に影響するケースもあると聞きます。

ただ、それは公にはもちろん公表されていませんので不確実なことで、当事者である自衛官の夫自身も実際の所はわかりません。

もし、あなたが、あるいは家族が上記に該当する場合は、もしかしたら夫の昇格や出世に影響を及ぼすかもしれないということだけは、知っておいたほうがいいです。

仮にもしそうだとしても、夫となる彼がそれを承知の上で、それでもあなたと結婚するというのであれば何の問題もありません。

要は、結婚する二人の決意次第だということです。

スポンサーリンク

妻となるあなたが外国籍の場合はどうなの?

この場合も法律上、結婚することに対して何の問題もありません。

ただ、彼が機密文書を扱う部署に就いている場合は、部署異動になる可能性があります。

また、今はそうでなくても今後は機密文書を扱う部署への配属はなくなると言われています。

理由は、機密漏洩には厳重な警戒をしているため、万が一の可能性を想定して外国籍の妻を持つ隊員は除外されるようです。

ただ、これもあくまでもそういう噂であって、実際にどうかは上層部の一部の人間しか知らないことです。

◆まとめ

ここまで自衛官の彼と結婚する場合の身辺調査についてお伝えしましたが、

結論をもう一度言うと、あなた、そしてあなたの家族がどうであれ二人に結婚の意思、決意さえあれば結婚できるということです。

場合によっては夫の昇進や出世に影響するとも言われていますが、実際のところ本当に悪影響があるかどうかは当事者にはわからないのです。

私がいうのはなんですが、もし仮にそういった経歴があったとしても、過去は変えられません。

でもこれから先、未来はいくらでも変えることはできます。もちろん結婚する二人の意思と行動力が必要ですが。

私の夫は自衛官ではありませんが、結婚生活はお互いが尊重し、協力し合って行かないと成り立ちませんし、何も始まりません。

結婚してみて私は、それを改めて実感しています。

経済的なことだけではなく、気持ち的にも二人で暮らしていく中で浮き沈みはあります。

上手くいっている時は、何をやっても上手くいきます。でもそれが逆になった時、その時に夫婦の絆であったり、お互いを思いやる気持ちが試されます。

真価が問われると言いますか・・・・。

中には「自衛官の妻になる」ということへの単なる憧れで、想像と期待ばかり膨らませて結婚を求めている女性もいます。

仮に始まりはそうであっても、最初は職業や年収、容姿がとっかかりだっとしても、結局は結婚って人と人が結ばれることです。

お互いに尊重し合い、認め合い、切磋琢磨していく関係でいれるのが夫婦であり、だからこそ日常の何気ないことに、ふと幸せを感じられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る