結婚には「安定」と「愛」どっちが必要か迷った時の対処法

「結婚はしたいけど・・・安定性か、愛か?」

どちらを優先させるべきか悩んでいる女性は多いようです。
もしかしたら、あなたも”安定”と”愛”のどちらをとるかで悩んでいるのでは?

そこで、今回は私なりの迷ったときの対処法をお伝えします。

最終的に決断するのは、あなたです。
後悔のない決断をするためのヒントにしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

結婚すれば幸せになれると思ってませんか?

私は婚活していたころ、「結婚さえすれば幸せになれる」と思っていました。

だけど、のちのちそれは大きな間違いだってことに気づきました。
だからもし、あなたもそう思っているのなら、その考えは正したほうがいいです。

結婚して相手に幸せにしてもらおうと考えている
女性も少なからずいますが・・・・たとえ結婚相手のことが大好きで
安定した経済力があったとしても幸せな家庭を築くことはできないでしょう。

「幸せにしてもらう」って考えが、相手に依存しすぎているからです。

「結婚したら幸せになれる」「結婚して幸せにしてもらおう」と、
もしあなたが思っているのなら、まずはその考えをやめること。

そうすることで、あなたにとって幸せな結婚が近づいてきます。

結婚して夫婦になるってどういうこと?

「結婚とはなに?」と聞かれて、あなたならどう答えますか?

私も同じことを婚活時代にアドバイザーから聞かれましたが、
実は答えることができませんでした。

あんなに結婚、結婚って言ってたのに・・・・
いざ「結婚ってなに?」って聞かれると聞かれると答えられない・・・・

私って結婚がなにかもわからないまま結婚したいと思ってたの?
必死で婚活してたんだ・・・って。

「結婚とは、自分の人生を共に歩んでいくパートナーを得ること」
ってよく言いますよね。一言で言うと「寄り添うこと」です。

人生って、山あり谷あり。
楽しいときは誰といてもそれなりに楽しいし、
幸せを感じることができます。二人で乗り越えていけます。

愛情、経済的安定なんて関係なくです。
でも困難に直面したときにどうかです。

結婚相手に経済的安定を望むのは決して
悪いことではありません。当然のことです。

だって愛だけではどうにもならないことって
長い結婚生活を送っていれば必ずあります。

だけど、その安定はこの先もずっと保証されたものではないですよね?

今は、安定した職業について経済力はあっても、
もし会社経営が傾き、収入が半分になったら?

もし、転職して不安定になったら?
リストラで今の職を失ったら?

結婚相手に安定を求めるのはいいけど、
「お金に苦労しない生活を送りたい」「専業主婦になりたい」
という理由で安定を求めるのはやめたほうがいいです。

※結婚とは?夫婦になるってどういうことか?
こちらの記事を読んでもらえるとより理解が深まります^^

好きではない彼氏と結婚!「幸せになれる?」or「後悔する?」
「結婚するなら好きな人と結婚したい!」誰しもそう思うのは当たりませのこと。だけど現実的には、自分は好きでも相手はそうではなかったり・・・・・・相手は好きでも自分はそうでもなかったり・・・20代前半なら年齢的にみても心に余裕が持てるので、そこ

スポンサーリンク

後悔のない決断をする為に絶対に必要なこと

安定をとるか?愛をとるか?で悩んでいるってことは、
あなたが自分にとっての理想の相手がわかっていないからかもしれません。

「自分にどんな相手がふさわしいかわからない・・・・
「本当に彼と結婚していいか迷う・・・・」

という方がいますが、これも自分にとって
真の理想の相手像が見えていないからです。

安定を選ぶか、愛を選ぶかを考える前に明確にしてほしいことがあります。
でなければ、いつまでたっても納得のいく結論は出ません。

あなたの前に安定した経済力を持つ男性と、
不安定だけど大好きな男性がいるとします。

どちらを選ぶにしても、不幸なとき、困難なときには、
あなたが選ぶ人と共に乗り越えなければいけません。

安定性のある彼となら乗り越えられますか?
大好きな彼となら乗り越えられますか?

不幸なとき、あなたの支えになってくれるのは誰ですか?

彼が不幸なとき、あなたは彼の支えになれますか?

結婚とは寄り添うことって言いましが、
あなただけでなく相手もそういう視点で相手を選びます。

「あなたが望む幸せとは、何ですか?」
「相手が望む幸せってなんでしょう?」

二人の望む幸せのカタチが似ていれば似てるほど
「この人だ!」と思えるのではないでしょうか?

結婚は相手あってのこと。あなたが相手を選ぶように、
あなたも相手に人生のパートナーとし選ばれないとダメです。

あなたが望む幸せとは、何ですか?
そこが漠然としていては、その幸せはいつまでも手に入りません。

あなたにとって理想の相手も見えてきません。

一度、立ち止まって冷静に考えてみましょう。
具体的にイメージできて具体的に語れるくらいになりましょう。

そうすれば、安定か、愛か、で迷うことなく誰を選ぶべきかが見えてくるはずです。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る