結婚相手に求める条件がわからなくなった時に私が実践したこと

婚活をしているうちに結婚相手に求める条件がわからなくなってしまうなんてことありませんか?

出会えば出会うほど、どんどんどのような基準で結婚相手を選べばいいのかわからなくなる・・・・これ、”婚活あるある”です。

婚活を長い期間続ければ続けるほど、そしてとくに30代以降の女性にこういった悩みを持つ方が多いです。

こうなると、目的地がわからないまま目的地を目指しているのと同じです。これでは時間と気力をすり減らして行くだけです。

婚活疲れで途中リタイアしてしまう女性の多くは「結婚相手に求める条件」を見失ってしまうからです。

今回は「結婚相手に求める条件」がわからなくなってしまったときに私が実際に実践した対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

結婚相手に求める条件は多すぎても少なすぎてもダメ!

「私は結婚相手に対する理想は高くない」
「生理的に受け付けないって人でなければこだわりはない」

結婚相手に求める条件を聞かれて、こう答える女性がいますが、こういう女性ほど実は理想が高いって知ってましたか?

私は30代になってから婚活を始めたんですが、結婚相手には高望みはせず、極端な言い方をすれば「変な人でなければば、どんな人でもいい。普通の人でいいから早く結婚したい!」って思ってました。

だから婚活パーティーに行きまくって、とにかく一人でも多くの男性と出会いました。ところが一向にうまくいかない・・・・。

「こんなにも男性との出会いがあるのにどうして?」

私がいいなぁ~と思った男性には選ばれず、この人はムリって思った男性からはなぜだか選ばれちゃう・・・・。

でもね。その原因が実は私自身にあったんだとのちのち気づかされたんです。

自分では結婚相手に求める条件にはとくにこだわりはないと思ってました。

それなりに気が合って優しい人であれば、あとは別に・・・・」って思ってたから自分では「私は、そんなに理想は高いほうではない」とも思ってました。

それなのになぜ結婚できないのか?

自分では結婚相手に求める条件にこだわりがないという女性に限って詳しく聞いてみると、

「やっぱり本気で結婚するとなると、これだけは譲りたくない」といって、あれやこれやと結婚相手に対してこだわりをたくさん挙げはじめるんです。

実は私がそうだんったんです(汗)

容姿や年収といった一般的な婚活女性が条件として挙げるスペック的なことにはこだわりはなかったんだけど、それ以外で細かいこだわりがたくさん・・・・。

20代そこらの女性と違って30代の女性は社会に出てさまざまな人生経験を積んでいるので、自然と人を見る目が厳しくなって行くようです。

自分では決して「理想は高くない!だけどいい出会いがない・・・」という方は、理想は高くないけどこだわりが多すぎるかもしれませんね。

こだわりをすべて捨てる必要はないです。だけど結婚相手に求める条件(こだわり)は多すぎると、「この人!」と思える男性にはなかなか出会えません。

そして婚活で多くの男性と出会っていくうちに、

「何を基準に結婚相手を選べばいいんだろう」
「どんな人が自分の結婚相手にふさわしいかわからない・・・」

といった具合に、自分が結婚相手に求める条件がどんどんわからなくなってしまい、「この人いいかも!」と思って交際や結婚に踏み切れなず躊躇してしまいます。

それでは、婚活をいくら頑張っても、出会いを重ねて言っても、せっかくのチャンスを逃してしまいますよ。

せっかくのいい出会いを、ご縁を逃さないためにも、まずはあなたが結婚相手に求める条件を最小限に絞ってみましょう。

やり方は、これからお伝えしていきます。これは実際に私が実践したことなので試しにあなたもやってみることをおすすめします。

結婚相手に求める条件を見直してみる!

まず、あなたが結婚相手に求める条件、こだわりをとにかく一つでも多く挙げてみましょう。

次に、その中から少なくても3つ程度に絞るんです。条件は多すぎてもダメ!少なすぎてもダメです。3つ程度がちょうどいいんです。これホントです^^

やり方としては、頭の中で考えるのではなく紙に書くことで、あなたが求める結婚相手像が明確になります。

ノートか用紙を用意して、下の写真を参考にして用紙を3分割するように縦に線を引きます。

書く内容は左から、

・あなた自身の結婚生活における”こだわり”
・相手に求める”キャラクター”
・相手に求める”スペック”

の順に書き出してみましょう。ここは遠慮する必要はありません。あなたが結婚相手、結婚生活に求める条件をひととおり書き出すことが大切!

結婚相手に求める条件

ひととおり書き出したところで、その中から「これは重要だ!」「絶対に譲れない!」というものだけを最終的に3つだけ選びましょう。

じっくりと時間をかけてもいいです。むしろ時間をたっぷりとかけるべきでしょう。

だって、あなたがこれからの人生をずっとずっと一緒に歩んでいくパートナーなんですから。そう簡単に決めてはダメです。というか決めれないですよね。

まずは用紙に、あなたが求める条件を思うままに書き出してみましょう。

スポンサーリンク

結婚相手に求める条件を絞りきれず迷ったときは?

もし、どうしても迷ってしまったら「なぜ、その条件があなたにとって重要だと思うのか?」を自問自答してみましょう。

例えば、「共通の趣味を持っていること」が条件だとしましょう。その理由を考えてみるんです。

同じ趣味を持っていれば、結婚後も二人の共通の時間が持てるから?それとも・・・。

「長男以外がいい」という場合は、なぜそう思うのでしょう。長男と結婚すると結婚直後、もしくはいずれ相手の親と同居するかもしれないから?

長男と結婚すると地域によっては、何かとしがらみもありそうですよね。

「年収600万円以上はどうしても譲れない!」という人もいるでしょう。なぜ600万以上でないとダメなのでしょう?

ちなみに30代の男性で年収600万円以上はたったの3%ほどです。つまり年収600万円以上の男性と出会う確率は極めて少ないわけです。

仮に出会えたとしても、既婚者かもしれません。独身だとしてもあなたを結婚相手に選んでくれるかどうかはわかりません。

そう考えると年収600万円以上、しかも「この人」と思える男性と出会い結婚するのは至難のわざかもしれませんね。

でも600万円以上でないとどうしてもダメな理由があるなら仕方ありませんよね。でも普通の暮らしができればOKというなら年収400万円~500万円あれば十分生活できます。

たまには贅沢したい、年に数回は旅行にも行きたい!というなら、あなたも仕事続けて共働きをすれば言い訳です。

旦那の収入が450万円だとしても、残り150万円をあなたが稼げば二人合わせて年収600万円になるっていう考える人もいます。

絞りきれずに迷ったときは、こんなふうに、それがあなたの条件である理由を突き詰めていくと最終的にあなたにとってもっとも重要な条件3つに絞ることができます。

相手の親と同居したくないことが理由で長男以外がいいという人は、長男でも「同居を望まない相手」ならあなたの対象になります。

結婚しても二人の時間を大切にしたいから共通の趣味を持っていることが条件というなら、趣味は違っても相手が二人の時間を大切にしようと望む相手なら、これまたあなたの対象にまります。

結婚相手としては十分だけど年収が・・・・という場合は、先程も言いましたけど、年収600万円に足りない分は共働きして二人の合計収入を600万円にするっていう手もあります。

こんなふうに考えていくと、許容範囲が広がります。この世の中に自分の条件や理想をすべて満たす人なんていませんから。

それに、婚活女性は結婚相手に多くの条件を求めがちです。求めることはいいことです。誰でもいいから結婚さえできればなんて人はいませんよね。

そのかわり、なぜその条件なのか?をしっかりと突き詰めていく必要があると思います。

とくに30代の婚活女性が結婚相手に求める条件は世間一般の女性が求める条件であって、あなた自身のこだわりポイントではないかもしれませんよ?

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る