あなたに最適な結婚相談所の選び方!比較ポイントは4つ

結婚相談所での婚活を検討しているけど、どこの結婚相談所にすべきか迷っていませんか?

ここでは30代女性のあなたの為に、数ある結婚相談所の中で、あなたに最適な結婚相談所の選び方をご紹介します。

実際に提供されるサービスがいくら良くても、必ずしもあなたが満足できる婚活ができるとは限りません。

なぜなら、同じように見える結婚相談所でも提供されるサービスによっては向き不向きがあるからです。

結婚相談所に入会したはいいけど、

「期待した内容と違う」
「満足いく婚活ができなかった」

など入会後に後悔してしまうケースはよく耳にします。

そうならないためにも、結婚相談所を選ぶ際に必ずチェックしてほい4つのポイントをお伝えするので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

結婚相談所を選ぶ際に比較する4つのポイント

結婚相談所を選ぶときにチェックすべき4つのこと

結婚相談所での婚活に興味があって、いざいろんな結婚相談所をネットで調べたり、実際に資料請求してチェックしたはいいけど、

「違いがいまいちわからない・・・・」

といった声はよく聞きます。

確かに、一見すると似た点もあって同じように見えるかもしれませんね。違いがいまいちわからず、どこにすればいいか選び兼ねている方もいるのではないでしょうか?

そこで、必ずチェックしてほしいポイントは4つあります。必ずというか、今からお伝えする4つのポイントを抑えておけば、まず間違いないでしょう。

  1. 成婚実績
  2. サービス内容
  3. 出会いの数
  4. 料金

以上の4つをチェックして比較してみましょう。

それでは1つづつ詳しく解説していきますので、結婚相談所を選ぶ際、比較する際の参考にしてくださいね!

成婚実績でわかること

必ず成婚実績を公表していなければダメ!というわけではないですが、やはりこれは選ぶ際のひとつの目安にはなります。

なぜなら、成婚実績を見ることで、その結婚相談所が会員に「結婚につながる出会い」をどれだけ提供できているかが、ある程度わかるからです。

結婚相談所を利用する際にかかる費用は決して安いものではありませんよね?

だからこそ、あなたの結婚を叶えるためにも成婚実績が高ければ、それだけ可能性も上がると言えます。

ただ、成婚実績はあくまでも、その結婚相談所の過去の実績であること、そして、当たりませですがあなた以外の会員の実績であるということは忘れずに。

例えば成婚率が50%の結婚相談所があるとしましょう。つまり2人に1人が成婚できるとします。

現在、恋人がいない人が婚活をせずに結婚できる確率は3~5%と言われています。

そう考えると、50%という数字がいかに高いかがわかりますよね?

だからといって必ずしも結婚できるとは限りません。たとえ成婚率が高くてもです。

ようは、あなたの婚活への取りくみ方で大きく左右されてしまうってことです。

こう言うと、「それなら成婚実績なんて関係ないんじゃない?」って思うかもしれませんが、そうではありません。

取り組み方が良くても、結婚へつながる出会いがなければ結婚はできません。

そういう意味で、成婚実績は「結婚へつながる出会い」がどれぐらいあるかのバロメーターになるのでチェックしましょう。

成婚実績には「成婚率」「成婚者数」など公表の仕方は結婚相談所によって違います。

成婚率は結婚相談所によって、算出方法が異なるので公表されている数字だけを鵜呑みにしないこと。

サービス内容でチェックすべきこと

サービス内容と一言でいっても「プランの種類、内容」「出会いの種類」「サポートの充実度」など比較すべきポイントがあります。

これらが充実していれば、それだけあなたに合ったスタイルでの婚活ができます。

またオプションも要チェックです。オプションとは追加料金を支払えば利用できるサービスのこです。

結婚相談所によってオプションがあるかないか、また、ある場合はどんなオプションがあるのかチェックしましょう。

中でも私が最重要だと考えているのは「出会いの種類」「サポートの充実度」です。

出会いの種類には・・・・・

  • データマッチング
  • 紹介
  • パーティー
  • イベント

が主にありますが、データマッチングといっても結婚相談所によって、システムが違うため「お相手検索」の仕方も違います。

単に希望条件を入力して検索する
価値観や性格なども考慮して検索できる
自分の恋愛傾向を調べて、それに見合った相手を見つける

など、結婚相談所によって特徴があります。

会員専用のネットシステムを使ってのお相手検索のことを、一般的にデータマッチングシステムと言いますが、それだけ聞くと、どこも同じように見えるかもしれませんね。

だけど、データマッチングでも、それぞれ注意深く見てみると特徴が見えて違いがわかるようになります。

出会いの数は重要

会員数はやはり少ないよりは多い方が好ましいでしょう。

出会える数が少ないよりは多いほど、よりあなたの理想に近い相手と出会える確率は高くなりますから。

ただ、結婚相手に求める条件として年齢や年収、学歴などを重要視する方は会員数だけでなく、会員の質もチェックしておくべきです。

公式サイトをチェックする際は、

  • 男女の比率
  • 会員の年齢層
  • 会員の年収
  • 会員の最終学歴

などもチェックしておきましょう。

また、総会員数が多くても重要なのは、あなたの地域の会員数です。

結婚相談所によっては、大都市圏に会員が集中している場合もあるので要注意です。

公式サイトには、各支店ごとの細かな会員数は公表していませんので、気になる結婚相談所があれば必ず一度は無料相談・無料体験などを利用して足を運んでみましょう。

足を運ぶ前に、公式サイトや資料をチェックして「わからないこと」「気になること」を事前にまとめておきましょう。

そして、いざ行った時に必ず聞くようにしましょう。

結婚相談所によっては、あなたの居住区の会員数だけではなく、その中で、あなたの条件に見合った会員がどれだけいるかも診断してくれるところもあります。

スポンサーリンク

料金(月額・年間費用など)

最後に料金です。主にチェックすべきは・・・・

  • 入会時にかかる費用
  • 月額費用
  • 成婚料の有無
  • 休会時の費用
  • 返金制度の有無
  • 支払いの方法

入会時にかかる費用、月会費以外にも退会時にかかる費用もチェックしましょう。

また成婚退会した場合に、成婚料がかかる場合とかからない場合もあります。

一般的に、仲人型結婚相談所は成婚料がかかり、データマッチング型結婚相談所は成婚料はかかりません。

この中で、私個人的にあるいいと思うのは休止制度です。

例えば、結婚相談所では一般的に仮交際までは別の異性と同時進行で進めることができますが、本交際になるとその方一人に絞らなければいけません。

そうなると結婚相談所からも紹介もストップするし、自分で別のお相手を探すこともできなくなります。

つまり本交際になると出会いのサービスは利用できなくなります。

その場合、休止制度があれば月額料を払わず余計な出費を抑えることができますよね。

また、退会はせずに一旦婚活を小休止したいケースもあります。その場合も休止制度があれば、退会せずに一旦、婚活を休むこともできます。

個人的には、婚活は期間を決めて短期決戦で行くのがベストだと思うので、よっぽどのやむを得ない事情がない限りは休まない方が良いと思います。

ないよりは、あったほうが何かといざとという時に便利かなとは思います。

合わせて、こちらの記事も読んでもらえると、よりあなたにピッタリの結婚相談所がわかりますよ!

結婚相談所を選ぶポイント3つ!これを知らなきゃ後悔必至
ここ数年、出会いの場として結婚相談所を利用する男女が増えてきましたね。男女ともに30代以降になると結婚相談所へ入会する率が一気に増えています。婚活パーティーと比べて費用はかかるけど、出会いの質や効率の良い出会いという点ではやはり結婚相談所が
結婚相談所をどこにするか迷った時に重視すべき3つのこと
結婚相談所をどこにするかって結構迷いますよね。今は結婚相談所を随分増えてきて、それぞれにサービスの特徴や料金も違います。雑誌やネット検索で調べれば一通りの情報は手に入ります。また、無料での体験会やカウンセリングを実施しているところもあるので
スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る