結婚相談所が初めてのアラサー女性が知っておくべきこと4選

ここ数年、婚活を始める方が増えています。あなたもその一人かもしれませんね。

傾向としては、30代女性の利用がどの相談所も多いです。

その理由としては、数ある婚活サービスの中でも結婚相談所での婚活が結婚への一番の近道と言われているからです。

なぜ結婚相談所がもっとも結婚しやすい婚活方法と言われているのか?

これから初めて結婚相談所を利用するあなたのために、事前に知っておくべき下記の4つについて詳しく解説していきます。

  1. 結婚相談所のメリット・デメリット
  2. 結婚相談所の種類は3タイプ
  3. 結婚相談所での婚活の流れ
  4. 結婚相談所で結婚できる人・できない人

結婚相談所への入会を検討中でしたら、ぜひ参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所を検討中の方は、メリット・デメリットを今一度しっかりと把握しておきましょう。

結婚相談所のメリット

結婚を前提とした出会い・お付き合いができる

結婚相談所で活動することの最大のメリットは、やはり活動している会員の結婚への真剣度の高さです。

「良い出会いさえあれば今すぐにでも結婚したい!」という方が集まっているのが結婚相談所です。

刺激のある恋愛ではなく結婚を前提にした出会い・お付き合いを真剣に求めているからこそ、お互いに惹かれれば交際から婚約、結婚へと短期間ですすむことも可能です。

婚活パーティーや婚活サイトでの婚活で結婚する30代女性も実際にいます。

ですが、中には結婚願望はあるけど「今すぐの結婚は考えていない」など、結婚に対する温度差があります。

そのため交際まで進んだは良いけど、相手に今すぐ結婚する意志がなく破局なんてこともあります。

30代になると出産など将来的なことを考えると、なるべく時間は無駄にしたくないものです。

そういう点で、結婚相談所は結婚を真剣に考えている方の集まりなので、時間を無駄にしたくない30代女性には最適といえます。

多種多様な出会いとサポートが期待できる

仲人・仲介型の結婚相談所では会員一人ひとりに専属の仲人(カウンセラー・アドバイザー)が付きます。

活動開始から成婚まで、会員に伴走して、あなたの婚活をトータルでサポートしてくれます。

婚活中は、自分一人では解決できない悩みや不安はつきもの。

そんな時は遠慮せずに相談することで、あなたに的確なアドバイスをしながら婚活を成功へと導いてくれます。

あなたを客観視しながら的確なアドバイスをくれる仲人の存在は婚活する上で、とても心強いものです。

とくに30代になると女性は、人を見る目が厳しく、細かくなりがちです。

そうなると、どうしても出会いはあってもなかなか交際へと発展しずらくなります。

そういう時に、客観的にあなたを見てアドバイスしてくれる仲人(カウンセラー)の存在は大いに役立ちます。

自分では気づかない欠点やクセに気づくこともあれば、隠れていた魅力を引き出してくれることも多々あります。

お相手の身元情報がしっかりしていて安心

数ある婚活サービスの中でも結婚相談所は、お相手の身元情報がもっともしっかりしています。

入会するにあたって審査があり、その審査をクリアした方のみが入会して活動できます。

入会基準には年齢・収入・学歴といったスペック、身元保証、独身証明などがあります。

それ以外にも「結婚への真剣度」「対人能力」なども考慮してしているので、仮に審査基準をクリアしていても、これらが足りない方は入会を断られます。

また、トラブルを起こすような会員は強制的に退会させられるので、その点も安心できます。

口コミなどでは、結婚相談所は「変な人ばかり」「まともな人がいない」などといった情報を目にしますが、まともな活動ができない人は入会を断られるため、まずいません。

まれに、どんな人でも入会させる売上第一主義の酷い結婚相談所もあるので、そこは要注意です。

結婚相談所のデメリット

決して安くない活動費用が必要

結婚相談所のデメリットとして必ず挙げられるのが、やはり費用ではないでしょうか?

例えば、婚活サイトや婚活パーティーといった婚活サービスであれば無料から数千円の費用で利用できます。

それに対して結婚相談所を利用する場合は、入会金で10万円前後、月額費用で1万円前後の費用がかかります。

また仲人・仲介型であれば一般的に成婚退会する場合に成婚料(5~20万円)を支払う必要があります。

結婚相談所を1年間利用した場合、相場として20~40万円の費用が必要になります。

裏を返せば、それだけの費用を支払って入会する人は、それだけ結婚を真剣に求めているとも言えます。

結婚できる保証はない

コレはデメリットといえるかどうかわかりませんが、私個人の主観で入れています。

当然と言えば当然のことなんですけど、「結婚相談所に入会して活動したからといって誰しもが結婚できるわけではない」ということをあえて伝えておきます。

年間費用が30万円かかるとして・・・・・

例えば、あなたは今、30万円のブランドバッグが欲しいとします。当たり前ですが30万円支払えば確実に、そのバッグは手に入ります。

でも結婚相談所の場合は30万円支払ったからといって、必ずしも結婚できる保証はありませんよね。

1年以内に結婚できるかもしれないし、2年3年活動してもよい出会いさえないかもしれません。もしかしたら、活動半ばで挫折して退会するかもしれません。

もちろん、そんなことにだけは絶対になりたくないですけど・・・・保証はないってことです。

おそらく結婚相談所に興味はあるけど躊躇してしまう方の大半は、このことがネックになっているのではないでしょうか?

30代女性の場合は、「できるだけ短期間で結婚を!」という思いが強いため、どうしても必要以上に期待が膨らんでしまいます。

もちろん期待は誰しもしますが、「結婚相談所に入会さえすれば良い出会いがあって、結婚できる!」と過剰に期待してしまう方も少なくないようです。

結婚相談所を利用することで、出会いのチャンスは広がりますが、それがイコール結婚に直結するかは別の話です。

そのチャンスを活かすかどうかは、あなた次第ってことを忘れないようにしましょう。

ということで、結婚相談所のデメリットの一つに挙げました。

期待した活動ができない可能性もある

結婚相談所に入会したものの、期待した活動ができず不満足のまま退会してしまう人もいます。

その理由の一つに、提供されるサービスを上手く活用できていないケースが往々にしてあります。

いくら結婚相談所のサービス・仲人(カウンセラー)のサポートが充実していたとしても、それを活かせるかどうかは結局のところ、あなた次第になります。

上手く活かせる人は成功しやすく、活かせない人は期待した活動すらできず挫折してしまうパターンが多いです。

会員数・成婚実績をはじめサービス・サポートの充実度は結婚相談所を選ぶポイントではありますが、あくまでもそこで活動するのはあなた自身であることを忘れないようにしましょう。

結婚相談所の種類は3タイプ

仲人・仲介型結婚相談所

仲人型というと昔ながらのイメージを持つ方がいますが、今の仲人・仲介型結婚相談所は適度な距離感を置いてのサポートをしてくれます。

「世話好きでお節介なおばさん」をイメージしていると、ちょっと肩すかしになるかもしれませんね。

活動開始から成婚まで仲人(カウンセラー)と二人三脚で婚活をしていくイメージです。

あなたの希望や条件、結婚観を明確にした上で、活動計画をまず立てます。

そして、あなたの希望に近いお相手を紹介し、あなたが了承すればお見合いへと進みます。

お見合いのセッティング、返事の代弁をはじめ、あなたの悩みや不安の相談にのり、都度あなたに適切なアドバイスをしながら成婚へと導くのが仲人の役目です。

出会いの主体は、仲人からのお相手紹介になります。その為、良い出会いをするためには、短期間で結婚するためには仲人との相性やコミュニケーションが大きく左右します。

費用面はデータマッチング型結婚相談所と比べると低価格なところが多いですが、その代り成婚退会するときに成婚料がかかります。

データマッチング型結婚相談所(結婚情報サービス型)

入会時にまずプロフィールを作成します。あなたの身元情報やお相手に求める条件や価値観などを会員データに登録します。

そのプロフィールを頼りに、会員同士がアプローチし合います。

具体的には、各相談所の独自のネットシステムを利用して自分でお相手を検索して、気になる相手がいればネットシステムやメールでやり取りします。

お互いにマッチングすれば、その後も連絡を取り合い、直接会うかどうかは双方で判断しながら進めて行きます。

この出会いの手法を「データマッチング」といいます。

出会いの主体は、このようにネットシステムを利用してのお相手探し、コンタクト(お見合い申し込み)と、希望条件に近いお相手を定期的に紹介してくれます。

複合型結婚相談所

複合型とは仲人・仲介型とデータマッチング型双方の良い面を取り入れた結婚相談所のことを言います。

今は仲人・仲介型であってもデータマッチングシステムを取り入れているところも増えています。

またデータマッチング型においても仲人・仲介型の強みである「サポート」に力を入れているところもあります。

ただ、データマッチング型のサポートは、あくまでも活動中の疑問に答えるのがメインで、仲人・仲介型のような二人三脚のサポートをイメージしていると期待外れになるので要注意です。

仲人・仲介型の出会いの特徴

見た目やスペックといった条件だけではわからない人柄も考慮して、あなたと相性が合いそうなお相手を紹介してくれます。

出会いの数はデータマッチング型に劣るかもしれませんが、実際にあってからのズレは小さいと言えます。

データマッチング型の出会いの特徴

ネットシステムを利用して、いつでもどこでもお相手探しができるので仕事が忙しくて時間がない方でも婚活が可能です。

また定期的な紹介もあるので、上手く行けば出会いの数は仲人・仲介型よりも期待できます。

ただ、データ重視の出会いのため、希望の条件には近いけど実際に会ってみるとイメージと違うケースもあります。

両者には、このようにメリットとデメリットがあるので、それを踏まえて選ぶようにしましょう。

結婚相談所での婚活の流れ


①無料体験・無料診断

まず資料請求をして各相談所のサービス内容・料金を把握するところから始めます。

ただネットで公式ページを見れば大半はわかるので、資料請求せずに無料体験を申し込む方も多いので、ここでは省きます。

相談所によって「無料体験」「無料診断」「無料カウンセリング」など名称がことなり内容も違います。

基本的にはこういった「無料〇〇」を利用して、実際に相談所へ足を運び、あなたの目で相談所の雰囲気、スタッフの対応を見ることが大事です。

その時に、相談所に対して気になること、疑問があれば遠慮せずに聞くようにしましょう。

その上で、「ここなら私も活動できる!」と思えるかどうかが入会の決め手になります。


②入会審査

結婚相談所に対して「ろくな男がいない」「変な人ばかり」「ろくに恋愛も出来ない男の集まり」といったイメージを持ち方がまだまだいますが、実際には皆無です。

断言せずに皆無といったのは、中には悪質業者で売上重視で入会金が払えれば誰でも入会させる相談所もいまだにあるからです。

とは言っても、結婚相談所の入会基準は年々厳しくなっています。

入会基準については前述しているので、ここでは省略します。


③入会手続き

無体験などを通じて入会の決意が固まれば、いよいよ入会手続きです。

入会にあたっては必要書類が必要になります。必要書類は相談所によって多少異なりますが概ね同じです。

入会の旨を伝えれば入会時に何が必要か言ってくれるので、入会当日は漏れのないよう持参しましょう。


④カウンセリングによる活動計画作成(仲人・仲介型)

仲人・仲介型相談所の場合は、入会後に約一時間ほどかけて、あなたの条件や理想だけではなく、あなたが求める結婚後の生活といった結婚観をカウンセリングで聞き出します。

このカウンセリングによって、当初あなたが求めていた理想とは違う、新たな理想の相手が明確になることもあります。

カウンセリングで聞き出したあなたの情報と、あなたの性格・人柄などを考慮してあなたに合った活動計画を立てます。

そして、その活動計画をもとにいよいよ活動開始です。


⑤写真撮影・プロフィール作成

活動にあたって、プロフィールをまず作成します。

データマッチングシステムを利用した結婚相談所では、会員はこのプロフィールを見てコンタクトを取り合うので非常に重要です。

人それぞれお相手を探すとき何を重要視するかは違います。

「見た目」「スペック」「価値観」「趣味」など重要視するものが異なるので、写真もプロのカメラマンが取ります。

プロフィールの書き方も作成時にアドバイスしてくれますが、あなたの魅力が最大限に伝わるようにしましょう。


⑥お相手探し~お見合い

  • カウンセラーによるお相手紹介
  • ネットシステムによるお相手検索・申し込み
  • パーティー・イベントへの参加

結婚相談所での出会いは、主にこの3パターンです。

双方が会うことを了承すれば、そこでお見合い成立になります。

お見合いの日時、場所といったセッティングは相談所がしてくれるので、後はお見合い当日が来るのを待つのみです。

お見合いはホテルのラウンジやカフェが主流です。

二人っきりでお話をして、また次も会いたいと思えば連絡先交換です。

連絡先交換は本人同士でするのではなく、お見合い終了後、相談所のスタッフにその旨を伝えて、お互いに了承すればスタッフから教えてもらえます。

ここで断ることも可能です。その場合も相談所のスタッフが代弁してくれるのでお相手に面と向かって断ることはしませんので、断ることに引け目を感じることもありません。


⑦交際~成婚

お見合い後、デートを重ねてお互いのことをより理解したり、距離を縮めていくよう努めましょう。

お互いに惹かれあえば、いよいよ交際スタートです。

結婚相談所の場合は、デート期間は仮交際と言って、この期間は同時進行で複数の相手とお見合いをしたり、デートをすることが可能です。

交際は本交際となり、同時進行でのお見合いやデートはできなくなり、そのお相手一人に絞ってお付き合いをします。

こう書くと、何か形式ばったような機械的な印象になりますが、自然での出会いから交際となんら変わりません。

出会いがあり、「いいな~」と思えたらデートしてみる。でも、まだ付き合ってないわけだから、他にも気になる人がいれば、誘われれば遊びに行ったり、食事もするでしょ?

この期間は、まだ友達ですよね。

でも何度も会っている内に、お互いに惹かれていき、恋愛感情が芽生えて付き合うようになる。恋人同士ですね。

そうなると、付き合っている人がいるのに異性と二人っきりで遊んだり、デートするのは浮気になりますよね?

そうやって考えてみると、結婚相談所での出会いから交際の進め方は、何ら自然の出会いと変わりませんよね?

結婚相談所での交際は条件重視で恋愛感情は二の次なんていう人がいますが、そんなことはありません。

確かに、中には結婚のために割り切れる人もいますが、それで仮に結婚したとしても決して幸せな結婚生活が送れるとは思いません。

結婚相談所であっても恋愛感情ありきです。

それをいつまでもスペックといった条件面を重視しているから目の前にいる、あなた幸せになれる理想の相手に気づかず、みすみすチャンスを逃してしまうんです。

結婚相談所での婚活に失敗する人に、コレは共通していますので要注意です。


⑧成婚退会

交際期間中にお互いの結婚に対する考え、求める結婚生活を話し合って確認し合いましょう。

30代の女性は、結婚相手に妥協したくないといく思いが強いため交際しても相手との価値観・結婚観のズレを少しでもあると許せいない傾向が強いです。

ただ、価値観が全く同じなんんてことはまずないですよね?

交際中に大事なのは、お互いの価値観・結婚観を確認するとともに、どこまで摺り寄せできるかも大事です。

そして、「この人となら!」とお互いに結婚の意思を確認しできれば成婚成立。そして成婚退会となります。

スポンサーリンク

アラサ―女性が結婚相談所での婚活で注意すべきこと2つ


まず1つ目・・・・・

冒頭で言いましたが、全国的にみて30代は女性の婚活者が多いです。

その理由として、

「子供を産みたい」
「結婚相手に妥協はしたくない!」

という思いが強いため、効率の良い出会いを求めて結婚相談所を利用する30代女性が増えています。

結婚相談所で活動すれば出会いのチャンスは確実に増えます。

相談所によって多種多様な出会いのサービスもありますので、自分に合った活動ができる結婚相談所を選ぶことがまず重要です。

一人での婚活が不安な方、恋愛経験が少なく不安な方は活動開始から成婚まで一貫したサポートがある仲人・仲介型がおすすめです。

出会いの場さえ提供してくれれば、後は自分である程度自由に活動したいという方はデータマッチング型がおすすめです。

ただ、ここで30代女性が結婚相談所で活動する場合に注意してほしいことがあります。

実際に結婚相談所の利用者は30代女性が多いですが、入会後に満足いく活動ができず挫折する、いわゆる婚活疲れするケースが多いのも30代女性です。

30代女性の特徴として

  • 年齢的な焦り
  • 相手を見る目が厳しい
  • 細かなことが気になる
  • 妥協したくない
  • 個性が強い

などが挙げられます。

30代ともなると社会に出て10年余り、さまざな人との出会いがあり、経験も積んでいる年齢ではないでしょうか?

それは良いことでもあるんですが、反面、相手に対して見る目が厳しくなってしまうことも。

その証拠に、30代女性は相手に求める理想は決して高くはないですが、細かい方が多いです。

実は30歳で婚活を始めたとき、私もそうでした。

理想は高くないのに「この人!」と思える人に出会えない

交際まで行くけど、いつも長続きせず終わってしまう・・・・

出会えば出会うほど、どんな人が自分に合うのかわからなくなってきた・・・・

これって、本当に「この人!」と思える人がいないのか?いや!実は違うんです。

相手に求める条件が細かすぎたり、多すぎたりしてマイナス査定してるからです。

マイナス査定してしまうと嫌なところばかりに目が行って、相手の良い所、魅力に気づけなくなります。

だって、悪い所ばかりに目が行っているんですもの。

これでは、たとえ「この人だ!」と思える理想の相手が目の前に現れても、すぐそばをと思える人が通りすぎたとしても、気づくことなんてまずできません。


そして2つ目・・・・・

30代、特に後半になればなるほど女性は「可愛らしさ」「素直さ」がなくなってきます。

社会に揉まれて、会社でもそれなりの地位になり後輩もできる年齢ですよね。

だから、相手に素直に甘えることが苦手になります。ちなみに私は男性にどう甘えればいいかさえ分からなくなっていました・・・・。

30代女性は、男性に対して年収や職業、役職といったスペックにこだわる人が多いです。

一方、30代男性は女性に対して、そういったスペックは求めていません。

「包容力」であったり、「安らぎ」を第一に求めている傾向が強いです。

つまり30代男女では結婚相手に求めるもの、結婚そのものに求める価値観が違うんです。

社会人として経験してきたこと、積み上げてきた地位、経済力などが影響してしまい、どうしてもプライドが高くなり、世間体や相手に経済力を求めがちになります。

そのため、早く結婚はしたいという思ういは年々強くなるのに、その反面、相手に求めるものが細かくなり、妥協できなくなってしまうんです。

プライドを捨てて!というわけではありません。

結婚は相手あってはじめて成立することです。

あなたが相手を選ぶと同時に、あなたも相手から選ばれなければ結婚はできません。

あなたが求めている結婚相手は、どんな女性を求めているんでしょう?

そこを今一度、立ち止まって冷静に考え明確にしてみましょう。

そうすれば、今の自分に何が必要か?何が足りないのか?が徐々に見えてくると思います。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る