見た目が好きじゃない人との結婚もあり?と考えている婚活女性へ!

見た目 好きじゃない 結婚

婚活の場で出会った彼・・・・・。

「一緒にいて居心地が良いし、しっくりくる」
「感覚も合うし、話してて違和感がない」
「話してて楽だし、気も合いそう」
「一緒にいて自分が自分らしくいられる」

相手も私に好意をもってくれてるし、
私がOKすれば結婚を意識したお付き合いができそう。

だけど、見た目が・・・・。
まったくタイプではなく、好きじゃない・・・。

私も婚活時代に同じような経験をしましたが、
こういう時って本当に悩むし迷いますよね?

結婚はしたい!だけど、違う気もする・・・・
こんな時はどうすべきなんでしょうか?

スポンサーリンク

見た目をとるか、中身をとるか?

結婚相手には「見た目」をとるか、
「中身」をとるか?ってよく言いますよね。

見た目も良くて、中身も良ければ
それにこしたことはないし苦労もしないわけで・・・・

でも、両方を兼ね備えた男性なんて
そういるもんじゃない。仮にいたとしても
とっくに結婚してるか、してなくても
彼女の一人ぐらいはいるだろうし。

でも、恋愛においてもだけど、
ましてや結婚となるとひとつ屋根の下で
一緒に暮らして苦楽を共にしていくわけです。

見た目がいくら良くても中身がダメなら
幸せになんかなれないし、中身が良くても
見た目が受け付けない相手ならこれまたダメ。

結局のところ、自分の結婚相手として
落としどころをどこにするかなわけです。

例えば、性格は変わらないとしても、
考え方は変えられますよね?

だからお互いに価値観や考え方が少し
ズレていたとしても歩み寄ることができます。
お互いに尊敬、尊重しあえる部分があれば。

だけど、見た目は整形でもしない限り
変えようがない。女性はお化粧である程度
変えることはできますけど・・・・。

以前、マイナビウーマンのアンケートで、
結婚相手に重視するのは「外見VS中身」どっち?
というテーマでアンケートをとってました。

参考までに言うと、


外見・・・・・・・・・13.5%
中身・・・・・・・・・86.5%

と中身をとる女性が圧倒的に多かったですね。
確かに結婚となると中身を重視するのは
当たり前でしょうけど・・・・・

でも中身重視って答えた人は「本当にそうなの?」
って私なんか思っちゃいます。

だって、最初は誰だって見た目から入るでしょ?

出会った男性が、見た目が好きじゃなかったら
その時点で選択肢から除外してませんか?

「見た目なんて年取れば劣化する」
「外見が良くても毎日見てたら飽きてくる」
「中身が良くなければずっとは一緒にいられない」
「一緒に生活する上で価値観が合うことが一番」

って言うけど・・・・・・。

私はひねくれているのでしょうか?
ちょっと腑に落ちないんですよね?
そうやって堂々と言えることが・・・・。

「人は見た目が9割」って本あるけど、
見た目や、その人の醸し出している雰囲気に
まず惹かれて、もっとこの人と話したい!
また会えたら会いたい!って思うのでは?

そして何度も会っているうちに
お互いのことをどんどん知っていく。

同じ時間を過ごす中で価値観や性格や、
趣味や、居心地の良さや、いろんなもの
を感じていくうちに恋愛感情が芽生える。


恋愛ってそういうものじゃないでしょうか?

だけど婚活となると、理想や条件で
マッチングした人と出会うので、ときには
中身は理想通りだけど見た目が・・・・・
なんてこともよくあるんです。本当に・・・。

だから、見た目をとるか中身をとるか?
なんて究極の選択をしてしまいがちなんです。

中身が重要なのは誰でもわかってる。
だけど、ぶっちゃけ最初はみんな絶対
見た目から入っているでしょ?ってこと!

婚活は条件で結婚相手を選んで結婚する
なんて勘違いしている人がいるけど、
条件がいくら良くても恋愛感情のわかない
相手と結婚なんてできるもんじゃない。

政略結婚じゃないんだから。
昔の時代の許嫁でもないんだから。

みんな無意識に「見た目」⇒「中身」
の順番で相手を品定めしてるんだから、
どっちを重視なんてないでしょ!

どっちも重視でしょ?!
っていうのが私の個人的な意見です^^

彼と手を繋いでドキドキしましたか?

これ、とっても大事なことです。

手を繋いだとき、肌が触れたときに
どう感じたかも相手と付き合うかどうかの
一つの判断基準になります。

ドキドキしたか?それとも「イヤッ!」と感じたか・・・・

会って話しているときは楽しいし居心地もいい。
素の自分でいられて一緒にいて楽。

だけど肌が触れたとき、手を繋いだとき
「イヤだな・・・」と感じてしまうなら、
これは頑張ってもどうしようもありません。

生理的に受け付けられないってことだから。
これは理屈じゃ説明できないことですよね?
努力では変えようがないんです。

見た目もそうなんです。
タイプではない程度なら、時間とともに
好きになっていく可能性はあります。

だけど見た目が好きじゃない・・・・
何回会っても見た目が気になって受け付けない・・・・

これはもはや生理的に受け付けれてない
ってことだから、たとえ中身が良くても、
価値観が合って一緒にいて居心地が良くても
難しいのではないかなぁ~というのが
私が実際に経験して感じたことです。

私も今の夫と出会う前に、そういう男性と
何人か交際すべきか?悩んだことがあって、
その中で付き合った方もいました。

一人の男性は本当に良い人で、
この人以上の人はもう出会わないんじゃないか
と思ったほどです。

見た目はまったくタイプではないというか、
好きになれないというか・・・・ちょっとした
仕草が気になったり。

その方は紳士で付き合うまでは手を繋ぐことも
私に触れることもしませんでした。

でも、付き合いだしたある日、
手を繋いだ瞬間に「なんかイヤっ」って
思ってしまったんですね。

好きになろうと思ってなれるもんじゃない。
好きになろうと思えば思うほど、
相手への拒絶反応が強くなって行ってる
自分に気づいたんです。

生理的にイヤっていう感覚は努力では
どうしようもないんだ・・・と思った瞬間です。
結局その方とは別れることにしました。

今は見た目は好きじゃないけど、付き合っていくうちに好きになる?

「見た目は好きじゃないけど、
付き合っていけばそのうち好きになる」

という人もいますが、そうなれる人って
希なんじゃないでしょうか?

見た目って、その人の好みでしょ?
人の好みって、そう変わるものじゃない
って気がします。

私の周りでも、旦那の顔はタイプじゃない。
だけど別に嫌いな顔でもないからって人がいます。

結婚して10年経ちますけど、
嫌いにもならないけど好きにもならない
ってよく言ってますよ^^

ちなみに、これは私も同感なんですけど^^
好みの顔ではないけど、だからかと言って
ブサイクな顔をしているわけではないですよ(汗)
夫の為に言っておくと・・・・。

好みじゃない。
だけど生理的に受け付けない顔でもない。
だけど、夫の見せる表情は好き^^
夫の仕草や雰囲気はもっと好き^^

雰囲気イケメンってことにしときましょう(笑)

スポンサーリンク

見た目が「好みじゃない」と「嫌い」は違う

最後になりますけど、さっき言ったように
見た目は好みじゃないけど決して嫌いな顔でもない!

これ結構、重要なところですよね?

誰にだって、絶対に無理っていう
受け付けられない顔、見た目ってあると思うんです。

どストライじゃないんだけど、
ストライクはストライク、もしくは
ストライクじゃないけど、おしいボールみたいな

完全なくそボール、あるいは暴投なら
おそらく、この先ずっと一緒居たとしても
恋愛感情はわかない気がします。

少なくとも私はそうでした。

私は30代で婚活をしたんですけど、
早く結婚して親のうるさい口を塞ぎたかったし、
親を安心させたかったんです。

周りがどんどん結婚していき、
私も取り残されまいと焦る気持ちも
随分と強かったと思います。

だから、一緒にいて楽だし、
価値観も合うし、何より私のことを
好きだって言ってくれる・・・・

このまま結婚すれば・・・・
と何度も思いましたが、何度も言うように
生理的に無理ならどうしようもないことです。

焦りがあるゆえに迷ってしまうし、
好意を寄せてくれるとついつい心が
揺らいでしまうんですね。

もし、今あなたの出会った男性が、
中身が良くて一緒にいて楽しい、居心地がいい。
だけど見た目がどうしても受け付けない・・・

でも、こんないい人を逃したら、
もうこんな出会いはないかも・・・・

と思っているとしたら、それはあなたが
結婚に焦っているからです。

あなたが結婚を諦めない限り、
これからもまだまだ出会いはあります。

恋愛と結婚は違うなんてよく言われますけど、
私も正直そう思ってたし、今もそう思うことも。

結婚はワクワク、ドキドキだけではダメです。
だけど初めに恋愛があってこそ、と私は実感しています。

自分の素直な感情に蓋をして仮に結婚しても
長続きはするでしょう。楽しい毎日かもしれません。

でも、それはあなたが求めた幸せでは
ないような気がします。

人それぞれ考え方や感じ方は違うでしょうが、
私が婚活を通じて感じたことを、ありのまま
お伝えさせていただきました。

あなたが、どう感じて、どういう選択を
するかはわかりませんが、自分の気持ちに
正直な選択をして頂ければと思います。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る