婚活では何回目のデートで真剣交際すべき?結婚相談所が初めての女性へ

何回目のデートで交際すべきか悩んでいる婚活女性の悩みを解消

「知り合って何回目のデートで真剣交際すべき?」

これは婚活をしている人なら誰しも気になることですよね。最初のデートで相手のことを判断する人もいれば、慎重になりすぎて、なかなか交際へ踏み切れない人もいます。

今回は、そんな疑問を持っているあなた、そして実際に今お相手から真剣交際の申し入れを受けて、交際すべきかどうか迷っているあなたへ

世間一般的な例と、実際に私が婚活で経験したことを踏まえて、いくつかの判断基準をお伝えします。これはあくまでも私の判断基準ですが、読んでいただければきっと何かしらのヒント、きっかけにはなると思います。

スポンサーリンク

出会ってから真剣交際までの平均的なデートの回数は?

交際すべきかの判断基準はデートの回数よりも見極めが大切

結婚相談所の場合、最初にお見合いという形でお互いに初めて会うことになるます。

そこでお互いを気に入ればまず「仮交際」がスタートし、その後「真剣交際」になるという流れになります。

すでにあなたもご存知かもしれませんが、仮交際はお互いに確認し合うための期間です。

この期間内に、お互いの価値観や性格、人柄などを知っていき、総合的に見て自分の結婚相手としてふさわしいかを判断することになります。お互いに、結婚の意思があれば、そこで真剣交際、そして成婚となります。

相手に求めるじぃ王権や理想など人それぞれ重視するポイントは違いますがここは慎重に見極める重要な期間です。

結婚して後悔しないためにも、そして貴重な時間を無駄にしないためにも、しっかりと見極めたいところです。

ただ、交際=結婚っているわけではないので、何回目のデートで交際すべきかをそこまで慎重に考える必要は私自身ないと思っています。

1回目のデートで告白されて即交際スタートって人もいれば、数回デートして相手をある程度知ってから交際へという人もいます。

参考までに、以前マイナビウーマンで男女各150人、計300人を対象に「何回面のデートで交際を意識するか」というアンケートがあったので、それを参考にグラフ化してみたのでご覧下さい。

男女別に見た交際を意識するデートの回数を説明

これはあくまでも婚活している男女の平均的な数字です。

3回目までに交際を決める方が圧倒的に多いですが、だからといってあなたも3回目までに交際するかどうかの判断をしなければいけないというわけではありません。あくまでも参考までにとどめておきましょう。

相手によっては1回目のデートで「この人と付き合いたい!」って思えることもあるでしょうし、「3回会って感触は悪くないけど、今ひとつ判断しきれない・・・・」ってこともあるでしょう。

交際すべきかの決断は最低3回デートして会ってからにすること

ただ、私個人的には5回目のデートでは何かしらの決断をすべきかなと思います。実際に私はどんな人でも最低3回はデートするようにしていました。

だけど私の場合は内気な性格ってこともあって5回目のデートで判断することが多かったです。私の場合は自分も出せてお互いに本音で会話できるようになるのが5回目くらいだったからです。

最初のデートではお互いに緊張して人柄が見えないので、2回目でリラックスして、3回目くらいでお互いに本音を言えるくらいなりある程度相手を知ることができるからです。


だから、最初のデートで「この人はちょっと・・・」と思っても、最低3囘はデートしてみましょう。

最初のデートでは印象が良くなくても、それは緊張していたからかもしれません。1度デートして緊張もある程度ほぐれて、2回目のデートでは印象が変わることもよくあります。

逆に3回目のデートまでは良かったけど、4回目のデートで嫌な一面が出ることもありますしね。

そんなことも踏まえて、私の場合は5回目のデートで判断することが多かったです。

交際してみないとわからないこともあるので見極めはほどほどに!

婚活相手と交際するべきかどうかの判断基準

人それぞれ考え方も違うので一概には言えませんが、交際すべきかどうか慎重になりすぎるのは良くないと思います。

中には交際してやっぱり「この人はダメ!」と思っても断りづらいし、相手を傷つけてしまうのではないかと交際に慎重になりすぎる女性もいます。

私もそれを考えて過ぎちゃって、なかなか交際に踏み切れない時期がありました。

だけど、そこはお互いに婚活で出会った2人だから、交際してもそういうこともあるとある程度割り切っているところがあるので気にしない方がいいです。

それに交際するまではお互い相手に気に入られようと背伸びしたり、良い面をアピールしたりと、自分の欠点なんて絶対に晒さないですよね?何気ないときに、それが垣間見えることは多々ありますけど・・・。

付き合う前と付き合ってから態度が急変する男性もいますしね。

交際してみないと見えて来ないことも多々あります。だから、「この人良いかも!」と思えたら試しに交際してみるくらいの軽い感じで行く人の方が婚活では成功します。

誰でもいいから手当たり次第、交際っている数撃ちゃ当たる的な感じで行くのはダメですが、前もって自分でこのポイントをクリアしていれば交際するっていうのを決めておくといいです。

私の場合は、真剣交際すべきかどうか迷わないための判断基準として2つのポイントをあらかじめ決めていました。


1つ目は「一緒にいて居心地がいいこと」、2つ目は「なんとなくでも彼との結婚後の生活がイメージできること」です。

なんとなくでもそう感じれるなら真剣交際の申し入れを受けるようにしていましたし、私の方から真剣交際を申し出ることもありました。

結局のところ真剣交際にいったからといって必ずしも結ばれるってわけでもないですから。こちらからお断りすることもあれば、相手からお断りされることだってあるわけです。

だから、冷静さは大事だけど慎重さはほどほどにして、あらかじめあなたが相手に求める条件が5個あるとしたら、1~2個クリアしてれば交際してみるくらいの早めの決断が功を奏すかなと思います。

あとは実際に交際してみて確かめる感じです。

交際することで相手に求める理想が変わることもあるし、相手の意外な一面に心が惹かれることだってあります。それ実際に付き合ったからこそ感じれることです。これは私の経験上ですけど。

迷ったとき不安になったときの対処法

婚活していると、デートを重ねていくと必ずいつか決断しなきゃいけないときってあります。

でも迷ったり悩んだり、なかなか決断できないときもきっとあるでしょう。そんなときは直感を信じてみるのもいいかもしれませんよ?


「もうちょっと仮交際して確認したい」
「本当にこの人と交際していいかな~」
「彼と結婚しても大丈夫かな~」

本当に悩んだり迷うことってあります。そんな時のために、前述したことを思い出して。

あらかじめここだけは譲れないっていうのでも構わないので決断するポイントを決めておきましょう。

このポイントは人それぞれだし、数も1つでも良いし何個でもいいです。だけど多すぎると踏み切れないので2~3つかな。

スポンサーリンク

最後に婚活成功のポイントをアドバイス!

交際すべきか迷うときこそ行動することが大事

仮交際中はお互いを確認する期間だから気になる男性がいれば他の男性とも仮交際OKです。ただ真剣交際になるとそのお相手一人に絞らなければいけませんよね。

だから並行して仮交際しているお相手がいる方は余計に迷ったりすることも・・・。

第一希望ではない男性からの真剣交際だとどうしても躊躇してしまいがちになります。恋愛って普通は男性から女性へというのが常だけど婚活に限っては女性からのアプローチも普通です。

成婚している女性の声を聞いてみると受身ではなく積極的にアプローチしている女性は成婚率が高いみたいですね。

仮交際期間中にもしあなたが「この人となら」と思えたらぜひ真剣交際を申し入れてみては?

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る