奥手で男性を誘えない婚活女子へ!カップリングした彼との距離を縮める3つの極意

婚活パーティーでめでたく意中の男性とカップリング
したはいいけど、その後どう接すればいいかわからない
という女性も多いようです。

カップルになると連絡先を交換しますが、
その時に彼からお誘いがあればいいんだけど・・・・

彼と連絡先の交換だけでその日を終わる
こともありますよね。

彼からの連絡がくるのを待つか、それとも自分から
連絡をとるべきかって私も結構迷ったりします。

とくに私みたいに奥手な方は悩みませんか?

今まで私は自分から男性を誘ったことはなく
いつも相手待ちという受身なんです。

もしかしたら私と同じように奥手で
なかなか自分から男性を誘えない女性も
多いのではないでしょうか。

正直、これには正解はないようです(汗)
と言ってしまえば身も蓋もないのですが・・・・

もしかしたら相手の男性も奥手かもしれない。
慎重な方かもしれないし、真面目な方でいきなり
誘うのをためらってしまって、誘いたかったけど
誘えなかったかもしれません。

私は逆に軽いノリで誘われると遊び目的?
なんて勘ぐってしまう性格なので・・・・・

それはそれでいいことだけど、ときにはこの性格が
故に意中の男性と距離を縮めれないこともあるわけで。

スポンサーリンク

婚活での出会いは単なるきっかけ!その後がとっても重要

結局のところ婚活パーティーでカップルになったって
ことはあなただけでなく彼も好意を持ってくれている
ということは間違いないわけです。

だけど婚活パーティーだけでなく何にしても
そうなんですけど、そういった場での出会いは
単なるきっかけになんです。

彼と今後いい方向に行くのか行かないのかは
その後のアプローチで決まります。

カップリングしたってことは、そのチャンスを
掴み取ったっていうことだから第一関門突破です。

奥手でなかなか自分から誘う勇気が出ないので
あれば誘わないにしても何かしらの意思表示は
した方がいいと思います。

いくら心の中で思っていてもやっぱり言葉に
出さないと相手には伝わらないことのほうが
圧倒的に多いですもんね。

  • 婚活パーティーでの会話中で気になったこと
  • 彼のここが素敵だったな~ってところ
  • 共通した趣味の話題
  • 共通してなくても彼の趣味に興味を持ったこと
  • 別にこれってなんでもいいんです。


    要は「私はあなたに関心を持ってますよ」
    「あなたに好意をもってますよ」っていう
    のがそれとなく伝わればいいんです。

    愛情の反対語は「無関心」って言いますよね。

    関心を示してあげないと相手は「脈なしかな・・・」
    って勘違いして、せっかくのチャンスを棒に振って
    しまってはもったいないです。

    彼に好印象を与えるための3つのポイント

    やっぱり伝え方ってだじですね。
    伝え方を間違えるといくら好意を持っていても
    伝わらないし、ときには誤解を招くことだってあります。

    「伝え方」 はホント大事だな~と失敗する度に
    痛感して意識するようにしました。


    それは「すぐに」「具体的に」「感情を入れる」
    を意識してやることなんです。

    これは受け売りなんですけど、
    意識してやってみると今までよりも確実に
    彼との距離が縮まっていくのを肌で感じますよ。

    彼に連絡したいと思ったらすぐに
    婚活パーティー後の連絡はすぐに
    思ったら「すぐに」が鉄則です。

    婚活パーティーでの会話が楽しかったら、
    何が楽しかったのかを感情を入れながら
    具体的に伝えてあげる。

    素敵だなと感じたことを伝える時も
    具体的に伝えてあげる

    これは私の経験上なんですけど、
    「すぐに」「具体的に」「感情を入れて」を
    意識してアプローチすると相手の反応が変わります。

    試しにやってみてください。

    スポンサーリンク
    この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る