お見合いで理想の相手と出会えないアラサー女性の共通点と解決策

「結婚相談所に登録して今までお見合いをしてきたけど、なかなか自分の理想の相手と出会えない・・・。」と悩んでいませんか?

お見合いが決まると、今度こそと期待で胸が膨らむことでしょう。

ところが何度、お見合いに挑んでも理想の相手に出会えないと嘆いている女性は実は多いんです。

今回は私の婚活体験を通じて感じたこと、学んだことを参考までにお伝えしたいと思います。

あなたが、お見合いを繰り返しても理想の相手の出会えない原因、そしてどうすれば出会えるか?

少しでも糸口が見つかれば幸いです。

スポンサーリンク

結婚相談所でのお見合いで注意すべき落とし穴

私は30歳をすぎて結婚相談所に登録してお見合いを何度もしましたんです。だけど最初の頃は私も同じ悩みを抱えていました。

このまま何度、お見合いをしても同じ結果になりそうで退会を考えたこともありました。

とはいっても婚活パーティーや婚活サイトは私には合わなかったので、「結婚相談所を退会しても出会いはないし・・・・。」という感じだったんです。

結婚相談所に登録して活動している方は皆さん結婚に対する意識が高い方ばかりです。

だから余計にお見合いが決まると期待で胸がいっぱいになるものです。

でも、いざお見合いに挑んでも「あれ?期待した相手と違う・・・・」とがっかりしてお見合いが終わることもあります。

むしろ、がっかりして帰ることのほうが多いのではないでしょか?

結婚相談所でのお見合いは会員のデータベースを利用して相手を探しますよね?あるいは仲人さんからの紹介もあるでしょう。

結婚相談所を利用することで自分の理想にマッチした、あるいは限りなく近い相手を簡単に見つけることができます。

今まで出会いのきっかけすらなく悩んでいた人にとっては、データベースを利用した出会いは効率的だし魅力的だと思うんです。

私も当初は、そう思ってました。

でも、確かにこのシステムは出会いのなかった私にとってはありがたかったんですが、落とし穴もあるということを知っていてほしいんです。

確かに自分の理想に見合った相手を見つけることはできますが、それはあくまでも「スペック」面だということ。

誰しも結婚相手に対して何かしらの条件を持っていると思うんですけど、あくまでも条件が合っているだけってことです。

つまり表面的なことしかわからないですよね?

人間性、性格、価値観といったような内面は実際に会ってみないとわかりません。

で、実際に会って話してみると、

「なんか違う・・・・」
「写真と実際の見た目が違う」
「話しても噛み合わない」
「話がまったく弾まない」
「仕草がなんかイヤ!」
「趣味が合わない」
「なんか価値観が合わなそう」

など、期待が高かった分、ちょっとしたことが自分の中で大きなマイナス査定になってしまうことがよくあるんです。

この傾向は20代前半よりも20代後半、そして30代の女性になればなるほど強くなります。

社会経験を積んだ女性であればあるほど、多くの男性を職場やプライベートで見てきているので、より男性を見る目が厳しくなるんです。

そして、無意識にでも相手をマイナス査定してしまう傾向があります。

もしかしたら、あなたもその傾向があるかもしれませんね。

でも、これって自分では気づず無意識でしてることだから、後になって「そういえば」って気づくことがほとんだと思うんです。

私はそうでした。

プロフィールでは魅力的に映りますよね?

そもそもプロフィールって相手へのアピールだから魅力的に見えて当然なんです。

だから結果的にプロフィールに振り回されて、いざ会って話してみると「こんな筈じゃなかった」と理想と現実のギャップを感じてしまうんです。

結婚したい人たちが集まる結婚相談所のお見合いでも、うまくいかないこと、思うようにいかないことも多々あります。

とくに婚活初心者の方は思うようにいかないと、

「もうどうして良いかわからない・・・・」
「どうして理想の相手に出会えないの?」
「どうしたら出会えるの?」
「もしかして私、結婚できないかも」

と悩み彷徨い始めるのです。

30代前後の女性は、出産も含め年齢的なことを考え焦り、ますます心の余裕がなくなってきます。

心の余裕がないと、相手を見る目がますます厳しくなったり、中には「私の理想の相手ってどんな人?」と、自分の理想すらわからなくなってきます。

そうなると、お見合いをしても楽しいという感情よりも疲れたという感情のほうが大きくなってきます。

そうなると、ますます悪循環です。

ついには、婚活疲れで心が折れてしまい婚活を途中リタイアしてしまうんです。

私も30歳で婚活をはじめ同じ悩みで彷徨い、もうどうしていいかわからず途中リタイアした経験があります。

スポンサーリンク

理想の相手に出会えないと嘆く女性に共通すること

この悪循環を断ち切るためには、今一度自分の立ち位置を再確認することが大切です。


なぜなら、「理想の相手と出会えない」と嘆いている女性には自分を客観的に見れていない方が多いからです。

当たり前の事ですが、結婚にしても、その前段階の付き合うにしても相手があることです。

あなたがお見合い相手を厳しく観察すると同時に、相手も同様、あなたのことを厳しく観察しています。

だからプロフィールではお互いに文句はなくても、いざ会ってみるとお互いに、あるいはどちらか一方が「違う」と感じて思うようにいかないわけです。

お見合いに限ったことではありませんが、婚活をする上では、まずはしっかりと自分の立ち位置を決めておくことが大切です。

これは、私も本当に痛感したことです。


自分の立ち位置をしっかりと決めた上で、自分の理想の相手を決めないと、これからいくらお見合いをしても「理想の相手と出会えない」と悩むだけです。

そして、

「あぁ~婚活ってうまくいかないな」
「婚活って思ったより厳しいな」
「誰かいい人いないかなぁ~」

と一人嘆いて悩んでしまうんです。

これは女性に限った事ではなくて男女ともに、雲の上の相手だけに的を絞ってお見合いを重ねても決して理想の相手なんかには出会えません。

少なくとも私はそうでした。

自分を客観視するのって口でいうのは簡単ですけど、実際にはなかなか難しいです。

自分だけでは難しいときは一人悩まず結婚相談所のアドバイザーに相談したり、友達に聞いてみるのもいいでしょう。

そうすることで自分一人では気付けなかったことにも結構気づけたりします。

いつの間に、「いい人いないかなー」って上から目線になっていませんか?

交際も結婚も相手がいること、そしてあなた同様に相手もあなたを厳し目で見ているということを忘れないようにしましょう。

自分を客観視して、立ち位置をしっかり決めることで、現実目線の理想の相手が見えてきます。

そして、今までよりも少しだけ視点を変えて相手を見るだけで、「理想の相手と出会えない」という悩みは少しずつ解消されていきます。

私も少しだけ視点を変えてお見合い相手を見るようにしたことで、自分に近い理想の相手から快諾を貰いました。

そして交際が始まり結婚を現実のもにできました。

そのお見合い相手が今の私の夫です。

雲の上の相手ではなく現実目線の理想の相手が見つかるといいですね。

私の婚活体験が、少しでもあなたの今後に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る