結婚前提の交際から1年・・・親への挨拶を先延ばしにする彼の心境とは?

結婚前提のお付き合いが始まってから1年・・・。

具体的な結婚の話もなく、親への挨拶を
先延ばしにしようとする彼。

このまま彼が行動を起こしてくれるのを
待つべきなのか、私からもっと積極的に
話を切り出すべきか悩んでいるあなたへ

そんなとき女性はどうすべきか?
行動をなかなか起こさない彼への最適だと
思う対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

親への挨拶に及び腰になる男性の心理とは?

まず条件としては彼が本気であなたとの
結婚を考えていること。

にも関わらず、あなたの親への挨拶を
先伸ばしにしようとする男性の心理には
いくつかあるようです。

だから、具体的に結婚の話が進展しない、
親への挨拶を先延ばしにするからといって
必ずしも不安に思うことはないかもしれません。

単純に決断力がなくていろいろ考えてしまい、
行動できない男性もいます。

「決断力がない=優柔不断」とも言えます。

20代そこらのカップルで結婚などまだ意識して
いないのであれば親への挨拶をそこまで意識する
ことはないかもしれません。

ただお互いに結婚を考えていたり、
ましてやお互いに30代ともなると話は別。

彼女の両親へ挨拶に行くというのは
それなりの覚悟を決めないと、そう簡単に
いけものではないようです。

現に私の夫も挨拶は相当緊張していました。

付き合っている挨拶だけとは言え、
結婚前提のお付き合いをしているわけだから、

「結婚について具体的に聞かれたら、どう答えるべきか?」「嫌われないようにどう振舞うべきか?」

あなたとの結婚を真剣に考えていればこそ、
なかなか思い切れない、決断しきれないと
言うこともあります、

結婚に対しては女性が思っている以上に
男性は責任を感じているようです。

今の自分の状況で家族を養って行けるのか?
自問自答しながら、あなたとの結婚のタイミング
を見計らっているのかもしれません。

それは、あなたとの結婚に真剣に向き合っていればこそです。

そして、「親へ挨拶=即結婚」というイメージ
を持っているので、あなたが思っている以上に
緊張していると思います。

「結婚前提の交際⇒”結婚”」と勘違いしない

参考までに私の過去の失敗談をご紹介します。

30歳を超えると恋愛で失敗なんてしたくない!
と思っていてもうまくいかないこともあります。

「あのとき・・・・・・。」

と、いくら悔やんで後悔先に立たずです。

でも、その失敗を次への糧にできたことが
私の不幸中の幸いでした。参考までに^^

私が失敗から学んだこと、それは、

「結婚前提にお付き合いを始めたとしても
あくまで前提であって結婚の確証はない」

ってことです。当たり前ですけど・・・・。

私は過去に婚活をしていましたが、
その時に出会った一人の男性と結婚前提で
付き合ったことがあります。

でも付き合って半年が経とうとする頃に
彼から別れを告げられました。

結婚への期待と妄想が膨らんでいた私に
とってはなんとも言いようのない絶望感・・・

30代という年齢もあり余計に不安と焦り
が押し寄せてきて押しつぶされそうでした。

「もっとあの時こうしとけば・・・・」
別れたあと彼とのことを思い出すたびに後悔。

だからこそ言えることなんですけど、
あの時は”結婚前提”ということで
どこかで”あぐら”をかいていたんです。

彼から「結婚前提のお付き合いを」と
言われたから、いつか彼からプロポーズ
されて結婚できると舞い上がっていたのかも。

「今度、親へ挨拶したい!」
「両親に会わせてくれないか?」
「○○までには結婚しよう!」

振り返ってみれば彼が積極的に行動を
起こしてくれるものだと思い込んでいた
私はただただ彼を待っているだけだった。

ただ待っているだけじゃダメなんだ・・・

でも当時の私はどうすべきかなんて
その時はわからなかったんです。

プロポーズは男性から
親への挨拶は男性から
デートの誘いは男性から

確かに女性からすれば男性がリードして
引っ張って言ってくれるのが理想です。

だけど男性がみんなそうではないですよね。

中には気持ちはあっても行動をなかなか
起こせない人だっています。

ただ、男性から、彼からの行動を待つ
だけでは、もしかしたら婚期を逃すかも。

そうならないためにも、
彼だけじゃなく、そしてあなただけでもダメ。

お互いに結婚に向けて歩み寄ったり、
いろんなすり合せをしていくことが大切です。

これから、あなたが心がけることは2つです!

いずれにしても、結婚にはいろいろと
段取りや準備が必要です。

だからこそ日頃から彼と結婚へ向けて
具体的な話をすこしずつ進めていく必要があります。

間違っても、焦って一気に進めようなんて
してはダメです。

あなたにも心の準備が必要なように
彼にだって心の準備が必要ですから。

無理に進めて結婚したとしても、
お互いに納得した上での結婚でないと
なかなかうまくいかないようです。

そしてもう一つ大事なことがあります。

それは、あなたの気持ち、要望ばかり
彼に押し付けようとしないことです。

自分ではそんなつもりはなくても、
彼からすると押し付けられていると
感じると、かえって結婚が遠ざかることも。

彼に要望をいうことがダメなのではなく、
あなたの要望を言う前に、まずは彼の要望
を聞くことが先決です。

そして彼の今の心境や将来について
どう思っているのかを定期的に確認する
ことは大事です。

お互いに結婚したいという気持ちがあっても
それだけでは結婚できないんです。
ときには別れることだってあります。
現に私がそうでしたから・・・・。

気持ちがあってもお互いの気持ちの
”タイミング”があるんです。

だから、その気持ちのタイミングを
合わせるためにも、定期的にお互いの
気持ちを確認し合うことが大事なんです。

お互いに結婚したいという気持ちがあるなら
焦らずにじっくりと進めていけば問題なく
結婚に向かって行けると思います^^

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る