お見合いしても断られてばかりだった30代の私の失敗談と成功談

お見合いをしても断られてばかり・・・・。
なんでだろう?

と考えても、その理由が自分ではわからずに一人悩んでいませんか?

私は30歳を機に婚活を始めたんですが、何を隠そう私もお見合いで断られてばかりでした。

こうも立て続けに断られると自分を否定されているように感じ始めるんですよ。

そのうち「どうせ私なんて・・・・」と自分で自分を否定し始めるように。

もしかしたら、この記事を読んでくださる方の中にも、かつての私のように自暴自棄になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

参考までに、お見合いで断られてばかりだった私がどうやって、そんな状況を打開したか?をお伝えします。

スポンサーリンク

お見合いで断られてばかりのあなたが先ずすべきこと

両親や親戚から勧められたお見合いの場合は、会うまでお見合い相手がどんな方かわかりませんよね。

だからお見合いをしても断ったり、断られたりすることはよくあることでした。

でも、私のように結婚相談所でのお見合いの場合は、予め自分の希望の条件に合った方、また近い方とのお見合いが可能です。

これは自分だけの一方通行ではなくて、お互いに自分の希望の条件に近いからお見合いが成立するわけです。

お互い理想に近い者同士のお見合いなわけだから、普通はうまくいくものだと思いますよね?

でも、仮にそうだとしても必ずしも、そのお見合いがうまくいくとは限りません。

自分が断る場合もあれば、逆に自分はまた会いたいと思っても相手から断られることも当然あります。

ただ、断られてばかりとなると、そこには必ず何かしらの原因があります。

まずはその原因を冷静に分析して何かしらの手を打ちましょう。

手を打たないとこれから先、お見合いをしてもまた断られる可能性が高くなります。

お見合いがいつも破談になってしまう理由

「お見合いが破談になってしまう。断られてしまう理由はこれです!」といったように理由は一つではありません。

もしそうであれば誰でも解決できますもんね。

人それぞ理由は違うでしょうし、相手がいることだから、お見合いの場では自分に原因がなくても、相手の好みで断られることだってあります。

だけど、断られてばかりの人には、何かしら共通していることがあります。

お見合いの最中は終始和み、いい雰囲気だったと自分では思えても後日断られてしまうことだってあります。

自分では、今回のお見合いはうまくいったと思えただけに本当にショックでした。

でも、「断られるべくして断られたんだな・・・」と後になって、その理由がわかったんです。

これはあくまでも私が犯した失敗談なので、どこまであなたの参考になるかわかりません。

でも何かしらの原因を探るヒントにはなるかもしれませんからぜひ読みすすめていってくださいね。

私は人見知りなところがあって基本的に話すのが得意ではなかったんです。

それに恋愛経験も乏しかったので男性と話すことにも慣れていなくて、緊張して言葉が上手く出てこなんです。

でも、そんなこと言ってられないのでお見合いの時は、自分から積極的に話しかけよう!いろんな質問を投げかけてみよう!

よくお見合いの席では「自分のことばかり話さず、自分は3割、相手が7割話すように質問をしよう!」なんて聞いたことありませんか?

私はこれをバカ正直に間に受けて、とにかく積極的に話題をふったり質問したり・・・・

これが実は裏目に出たわけです。

お見合いの席では相手のことを知ろうとするあまり、いろんな質問をしてしまいがちです。

中には私のように相手のことを知ろうなんて余裕なんてなくて、何とか場を持たせようといろいろと質問してしまう方もいらっしゃるでしょう。

でもお見合いの席では、つまり初対面の席では、いくら気になっても聞いてはいけない質問もあるんです。

具体的には

  1. 今まで結婚しなかった理由
  2. 年収
  3. 職業
  4. 家族構成
  5. 婚活を始めた理由
  6. 婚活をしている年数
  7. お見合いした人数
  8. 相手が求める結婚相手の条件

あと結婚後の踏み込んだ質問も初対面のお見合いの席では、控えたほうがいいでしょう。

  1. 「子供は何人くらい欲しいですか?」
  2. 「転勤はありますか?」
  3. 「ご両親といずれは同居するおつもりですか?」

など、聞いた本人にはもちろん悪気はないし、下心はなくても相手からするとガツガツした印象を与えてしまうので気をつけましょう。

そういった結婚後の立ち入った話は、お見合い後のデートで自然な流れの中で聞くのがベストです。

スポンサーリンク

連敗続きの私がお見合いで心がけたこと

私がお見合いで一番心がけたことは、とにかくその場を楽しむことです。

「なんだ、そんなことか!」と思われる方もいるでしょうけど、これって案外できてないと思うんです。

もちろん初対面だと緊張もするでしょうし、素の自分で心の底から楽しむなんて不可能です。

でも、目の前にいるお相手の方との、このひと時を「まず楽しむ」という気持ちで終始いることが大事なんです。

恋愛であれば、ドキドキ感や刺激あればそれはそれで楽しいでしょう。

でもいざ婚活でのお見合いとなるとお互いに結婚を意識しているので、どうしても相手を最初からそういう目で見てしまいます。

普段の何気ない出会いであれば、気にならないことお見合いの席では気になったり、妙に意識したり、緊張してしまったり。背伸びしてみたり。

頭では分かっていても、いざお見合いの席に座るとなかなか「楽しむ」ってことが難しいんですよね。

そのなことないですか?

だから笑顔がこわばっていたり、引きつっていたり、如何にもっていう作り笑いになることもありました。

もちろん結婚することがゴールだし、そのためにお見合いするわけです。

お見合いって恋愛だけでなくその先の結婚、さらに結婚生活のことまで考えてしまいがちです。

婚活しているんだから当たり前と言われれば、それまでなんですけど・・・・


この際それは一旦脇に置いておいて、お相手の内面に目を向ける。

そして、その場を楽しむことを意識してみてはどうでしょう。

お見合いがうまくいったからといって、その後デートを重ね結婚と必ずしもスムーズにいくわけではありません。

もちろん、デートを重ねないことには交際へは発展しないし、交際しなければ結婚へは辿り着けません。

だけども、お見合いの席で「また会いたい!」「もっとお話したい!」「もっと知りたい!」と思ってもらわないことにはデートすらできません。

お見合いは最初のきっかけに過ぎません。


だからこそ、お見合いからデートに繋げるためには「また会いたい!」と思ってもらうこと。

そのためには、そのひと時をどれだけ自然体で楽しめるかが大事!

お見合いで断られてばかりの私が、徐々にうまくいくようになったのは、とにかく「楽しむ」ことを最優先にしたからです。

普通に考えれば、自然の出会いでも始めて会った男性といきなりデート、交際、結婚なんて行きませんよね。

出会って、その二人の時間が楽しくて、だからまた会いたいと思える。

そして再び会って、同じ時間を過ごして、また会いたいと思えるから、また会うわけです。

そうしている内に「私、この人のこと好きかも!」っていう恋愛感情が芽生えて、それが出会いを重ねるにつれて確信に変わっていく。

もちろん交際も結婚も相手がいてのことですから、うまくいかなかったり思うように進まないこともあるでしょう。

私が言いたいのは、婚活での出会いも自然の出会いも、出会いのきっかけが違うだけで同じなんだってことです。

だから何度も言うけれど、お相手とのそのひと時をまずは「目一杯楽しもう!」という気持ちがあるか、ないかは大きんです。

そして最後に、もう一つ心がけたことはお相手との会話です。

自分のことばかり話すのはNGですけど、だからといって聞き役に徹してばかりでは、相手は自分に興味がないのかなと誤解を招いてしまいます。

お見合いの席でも、お相手との会話で良い印象を与えるコツがあります。

口下手で会話がいつも弾まないという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

会話中のお相手の褒め方ひとつで距離がグッと縮まります。

男性との距離を縮めたい時に効果的な褒め方3つのステップ
婚活の場ではいかに相手との距離を縮めるかは重要なポイントです。これは婚活だけでなく、恋愛でもそうだし、人間関係においても同じですよね。そこで、今回も恋愛経験すらないさえないアラサー女子の私が婚活の場で男性との距離をグッと縮めた方法をご紹介し
スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る