彼氏と別れて婚活すべき?将来彼と結婚できるか不安な時の対処法

女性の場合、30歳目前あるいは30代に
なってくると出産のこともあるし年齢的に
焦ってきますよね。

ところが数年付き合って、お互いにもう結婚
してみいい年齢なのに一向に結婚を口にしない彼。

それとなく2人の将来のことを話しかけても
はぐらかされてばかり・・・・。

そんな時どうすればいいのか、悩みますよね。
実際には今の彼氏と別れて婚活をすべきか
悩んでいるアラサー女性も多いようです。

そこで今回はそんなあなたに少しでも
ヒントになる情報をご紹介します。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

男が結婚に踏み切れない理由とは?

長年付き合っている彼氏から結婚の言葉が
出てこない・・・・

男が結婚に今一歩踏み切れない理由とは?

以下はライフアップコーチ兼恋愛カウンセラーの
「あべけいこ」さんのアドバイスを抜粋しています。
参考までにどうぞ。

第1位 責任を負うのがイヤ

第2位 人生が確定されるのがイヤ

第3位 あなたのことが実はあまり好きではない

第4位 あなたのことは好きだけど、妻としてはダメだと思っている

第5位 結婚する意志はあるけど準備が出来ていない

第6位 慎重すぎる

第7位 そもそも結婚したくない

引用元:http://city.living.jp/common/news/158524

男が結婚に踏み切らない理由には主に上記の
7つの理由が考えられるようです。

6位の「慎重すぎる」っていうのは、
好きだから付き合っているけど結婚するなら
他にもっと良い女性がいるかもと思っていて
結婚に踏み切れないケース。

7位の「そもそも結婚したくない」は、
その言葉通り論外ですね。それでも何とか
その気になって結婚しいたとしてもうまくいかない
ケースが多いようです。

とはいっても本当の理由なんて当の本人に
直接聞いてみないことにはわかりませんよね。

間違っても自分勝手な思い込みで
彼氏に見切りを付けないようにしましょう。

本当はあなたのとの将来を真剣に考えて
いるかもしれません。

だけど誠実な男性であればあるほど、
あるいは結婚に真剣であればあるほど

結婚してからの生活面や経済力を考えて
「本当に自分が養っていけるか」確信が持てない
と軽々しく結婚という言葉を口に出せないという
男性もいますから。

彼が結婚を口にしない理由をまずは知るべし!

まずは彼が結婚しようとしない理由が何かを
知る必要があると思います。

日頃から彼の言動を観察したり、
彼との共通の友達などにそれとなく聞いて
みるのもいいかもしれません。

だけど私個人的には本人に直接
二人の将来についてどう考えているのか
真剣に向き合って話してみることが
一番ではないかと思います。

まだ付き合って月日が浅いのであれば話は別です。

だけど3年も4年も付き合って
お互いに結婚しても良い年であれば
二人で将来のことを話し合う時間は
作ってもいいのではないでしょうか?

そうすることで実はあなたとの将来のことを
真剣に考えていたんだと知ることもできます。

逆にはぐらかされたとしたならば、
それはそれで彼にとってあなたは結婚相手
としてみなされていなかったと知ることにも。

それはそれでショックだけど、このままズルズルと
結婚する気があるのかどうかもわからない彼氏と付き合って
もし結婚できないとなった時のほうが
よっぽどショックだと思います。

男性は結婚することによって責任を負います。
それは女性も同じことだけど、男性はより
責任感を感じているようです。

家庭を持つということは経済的な責任も
負うことになるます。

子供ができれば養育費もかかります。
マイホームを購入すれば月々の出費もかかります。

そういった金銭的なこともすべてひっくるめて
今の自分にしっかりと家庭を養っていけるか
という不安も常に持っています。

そういう理由で今はまだ結婚はできないけど、
いずれはあなたと結婚して幸せな家庭を築きたい
と真剣に考えている場合もあります。

ただ何度も言うように、それは直接
彼に聞いてみないことには本当のところは
わからないのではないでしょうか?

その時に彼がどんな反応をするのか?
それから今後、あなたがどうすべきかを
考えてみてもいいと思います。

彼が真剣に考えているのであれば、
彼からのプローポーズがあるまで待つもよし!

年齢的に待てないというのならば、
きっぱり踏ん切りをつけて新たな出会いを
求めて婚活を始めるもよし!

そもそも彼が将来のことをまったく
考えてないとわかれば、それはそれで
辛いけどきっぱり別れて次へ向かうことも
できるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る