男性に好感を持たれる結婚相談所プロフィール「休日の過ごし方」欄の書き方

結婚相談所での婚活男性とのお見合い率を
上げるためにはプロフィールの書き方が
とても重要ってお伝えしましたよね。

とくに重要なのは「趣味欄」ともう一つ。
それは「休日の過ごし方欄」なんです。

あなたは休日をどのように過ごしていますか?

プロフィールはあなたの履歴書みたいなもの
なのでウソはつかず正直に書くことが大切。

だけどあまりにもバカ正直に書いてしまうのも
婚活男性に敬遠される可能性もあります。

そこで参考までに私が実際に実践した
休日の過ごし方欄を書く場合に意識した
ポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

ポイントは一言ではなく「文章」で書くこと

趣味欄と同じで「休日の過ごし方欄」も
絶対にやってはいけないのは一言で書くこと

例えば・・・・

映画鑑賞
読書
スポーツ(ジョギング)
エステ
ショッピング

など一言だとイメージが湧きにくいんです。

そこで文章で書くことで、相手はより
あなたという女性をイメージしやすくなります。

映画鑑賞だけだとレンタルビデオを借りて
家で観るのか、映画館で観るのかわかりませんよね。
またどんな映画が好きなのかもわかりません。

男性はとくに趣味欄と休日の過ごし方を見て
「この人とは合いそうだな」「合わないかもしれない」
と判断する傾向が強いので注意しましょう。

最終的に「会ってみたい!」と相手に
思ってもらえるかどうかですよね。

常に相手を意識して書くことがポイント

プロフィールを書くときは常に相手が
どんな印象を持つかを意識して書きましょう。

そこを意識して書くだけで
お見合い率は飛躍的に上がります^^

書くときのポイントは相手に話しかける
イメージで書くと堅苦しくならず書けます。

結婚相談所でのお見合いの良いところは
事前に相手がどんな人なのかがわかった上で
会えることだと思うんです。

何もわからずいきなり会っても
私みたいな人見知りな性格はただでさえ
緊張しているのに何を話せばいいかわかりません。

でもプロフィールで事前にどんな人かを
知ることでお見合いしたときの会話のきっかけ
ができますよね。

単に単語を羅列しているプロフィールより
文章で書いているほうが会話の間口も広がります。

何度も言うように「この人に会ってみたい」と
思ってもらわない限りお見合いはいつまでたっても
成立しないわけだから、ここは肝に銘じておきましょう。

好感を持たれるために意識するポイント

上記のことを意識しながら、もう一つ意識する
ポイントがあります。

それは「インドアな部分とアウトドアな部分」の
両方を意識して書くことです。

どちらか一方だけに偏ってしまうと、
それだけ間口も狭まります。

「休日は家でのんびり映画鑑賞してます」と
書いてしまうとアウトドア派の男性からは
敬遠されてしまうかも。

逆にアウトドアを強調しすぎると、
インドア派の男性に今度は敬遠されてしまいます。

なのでどちらもバランスよく入れて書く
のが好感を持たれやすいです。

例えば・・・・

「休日はジム通いしたり、お気に入りのカフェ
で過ごすことが多いです。

家にいるときは映画鑑賞してまったりと
過ごしています。」

と書くことでインドア派、アウトドア派どちらか
一方に偏らずにどちらにも好印象を持ってもらえる
可能性が高いです。

以上、意識するポイントが3つありますが、
プロフィールを書くときはぜひ試してみてください。

きっと今まで以上に好感度がアップするので
お見合い率も上がりますよ^^

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る