男性ウケする結婚相談所のプロフィール「趣味欄」の書き方

結婚相談所のプロフィール

結婚相談所に入会すれば男性と出会える
可能性は数段に上がります。

とはいっても、あくまでも可能性であって
実際に会えるかどうかは別の話です。

いくら大金をはたいて結婚相談所に入会しても
肝心のお見合いが成立しなければ婚活は一向に
進展しませんよね。

そこでお見合い率を上げる重要な鍵を
握っているのがプロフィールです。

どれほど、あなたが魅力的な女性でも
プロフィールが質素で内容が薄いものだと
せっかくの魅力も伝わりません。

「この人と会ってみたい!」と相手に思って
もらえるかどうかはプロフィールの書き方で
大きく左右されるんです。

私も実際に結婚相談所を利用したときに
痛感しました・・・・。

といっても私は決して魅力的な女性では
ありませんでしたけど(^_^;)

だからこそ尚更、プロフィールが重要だったんです。

中でも男性が注意してみるのが「趣味」欄なんです。

スポンサーリンク

「趣味」欄が重要な理由とは?

プロフィールって一言で言えば「履歴書」みたいなものです。

就職活動の時もまずは履歴書で判断されますよね。

それと同じでプロフィールは相手の男性に
あなた自信を魅力的にアピールする最初の手段。

ここでまず、あなたの第一印象が決まります。

婚活は恋愛のように恋人を探しているのではなく
一生をともにできる結婚相手を探す活動です。

生涯をともに歩むパートナーだからこそ、
共通の趣味を持っている方が望ましいですよね。

仮に趣味は共通していなくても、
相手が興味はあるけどまだ始めていない趣味
ってこともあるわけです。

だから趣味の欄はできるだけ詳しく丁寧に
書くことがポイントです。

「趣味」欄の具体的な書き方

趣味欄が空白というのは論外だけど、
よくありがちなのが「一言」で終わらせていること。

例えば、あなたの趣味が映画鑑賞だとしましょう。

その場合は単に「映画鑑賞」と一言で終わらせる
のではなく文章にして書くことがポイントです。

「休日は家でまったりと映画鑑賞したり、
気になる新作映画があれば映画館に出かけて
大画面で観るのも好きです。」

家で映画鑑賞だけより「映画館に出かける」と
加えることでアクティブな印象も持ってもらえます。

またどんな映画が好きかも加えると、
よりあなたのイメージが膨らみますよね。

ただ注意点は好きなジャンルを絞り過ぎると
「俺とは映画の趣味が合わないな・・・・」と
敬遠されることもあるので気をつけて。

嘘を付くのは良くないけど、ジャンルは
絞りすぎず幅広く書くことがポイントです。

恋愛ものが大好きで、それしか観ないとか
アクションものは苦手だとしても

「今までは恋愛もの中心だったけど、
今はアクションやサスペンスものにも挑戦中」

と書くことで相手はより好感を持ってくれます。

ポイントは相手がイメージしやすいように。
もちろんプラスのイメージをどれだけ
持ってもらえるかです。

「この人となら楽しい時間を過ごせそうだな」
「この人となら趣味が合いそうだな」

と妄想させることができれば、
自然と見合い率は上がります。

要注意!男性ウケしないNGな趣味とは?

嘘は書いてはいけませんが多少は誇大的な
ことを書くのは許容範囲です。

だけど中には男性ウケしない、
男性が敬遠してしまう趣味もあるので
ここは注意しておきましょう。

  • ショッピング
  • 旅行
  • エステ
  • 上記の3つはできれば控えた方がいいです。

    例えば旅行もたまに行くのならOKだけど、

    「趣味は旅行で毎月必ず一回は行っています。
    海外にもいきたいところがあるので来年は
    海外旅行にも行く予定です。」

    のようなことを書くとたとえ本当のことで
    あっても相手からすると・・・・

    「この女性と付き合うとお金がかかりそうだな~」
    とマイナスイメージを与えてしまいます。

    他にも週末は「エステ通いで自分磨き」と
    書いて女子力アピールをする女性もいますが、
    毎週となると男性には実は逆効果なようです。

    「なんだか付き合うと疲れそう・・・」
    「俺はそこまで気を使わないから自分とは
    釣り合わないかも・・・」

    といったイメージを男性は持つようです。

    まとめると、

    「お金かかりそう」
    「なんか一緒にいると疲れそう」
    「自分とは釣り合わなそう」

    といったマイナスをイメージを持たれない
    ように書くことがポイントです。

    ここぞとばかりにアピールするのは逆効果。
    私の二の舞だけはしないように注意しましょう(汗)

    スポンサーリンク
    この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る