30代婚活女性が理想の結婚相手を見つけるために必要な3つのこと

30代で婚活していたころの私は、なかなか結婚したいと思える男性に巡り会えず苦労した経験があります。もしかしたら、あなたも同じ悩みをお持ちかもしれませんね。

あるいは、自分にとって理想の結婚相手がどんな人がいいのかわからない・・・という方もいるかもしれません。

そこで、今回は私が実際に婚活時代にどうやって理想の結婚相手を見つけたか?そのとき実践したことを30代で婚活中のあなたへ3つお伝えします。

お時間あるときにじっくりと読んで、あなたにとって理想の結婚相手を見つけるヒントにしてくださいね^^

スポンサーリンク

理想の相手は理想の結婚生活から導き出す!

婚活してるけど理想の結婚相手に出会えない、またはどんな相手が理想なのかわからないという30代女性に共通していることがあります。

それは、婚活を始めた理由を聞くと決まって

・「周りが婚活しているから」
・「30歳になって、婚活しなきゃまずい年齢になってきたから」
・「30代で彼氏なし。このままでは一生ひとりかも・・・と不安になった」
・「親が早く結婚白!とうるさい」
・「結婚して親を安心させたい」と答えます。

そういった女性に「あなたの理想の結婚は?」と聞くと、明確に答えられる人はほとんどいません。私も実は同じ質問をされて答えられマセンデシタ・・・(汗)

あなたは、そう聞かれたらどんな結婚をイメージしますか?具体的に答えられませすか?

多くの女性は理想の結婚相手像をイメージするのではないでしょうか?

ところが多くの女性が持つ理想の結婚相手像ってスペックや容姿といったありふれたものばかりなことが多いんです。

もちろん、条件や理想を持つことは悪いことではないし必要なことだと思います。だけど、その条件や理想は何をもとに導き出したものなの?ってことが重要なわけで・・・・。

あなたにとって理想の結婚相手を見つけるためには、まず「あなたはどんな結婚生活を送りたいか?」をイメージすることが先決です。

そしてそのイメージは具体的であればあるほど良いです。

もし、あなたが結婚後も仕事を続けたいのであれば、それを理解して応援してくれる男性を探すべきです。

仮に高収入でイケメンであっても結婚後は家事と子育てに専念してほしいと考える男性であれば、あなたが理想とする結婚生活は送れません。

結婚しても月に何度かは二人でラブラブデートしたいと思うなら、相手もそれを望んでいて、かつあなたと休みが合う相手を探したほうがいいですよね。

もちろん全ての理想を満たした相手なんてこの世にはいないので、ときには折り合いをつけたり、改善する余地はあります。

だけど、理想とかけ離れた相手を探すのではなく、最初からあなたが望むかたちに近いほうが、それだけ結婚までの道のりがスムーズになります。

理想の結婚相手を見つけるには、まず、あなた自身が求める理想の結婚生活を具体的にイメージする、もしくは箇条書きでいいので書き出してみることをおすすめします。

婚活の良きメンターを見つける!

婚活している女性を観ていると何歳になっても結婚に甘い幻想を抱いている方が多いです。実は私もそうだったんですけど・・・・・。

それはそれで悪いことではないんだけど、結婚もしたいけどドキドキするような恋愛もしたいという願望を持っていると結婚したいのか、恋愛したいのか、本来の目的を見失ってしまい婚期がますまず遅れてしまいます。

結婚への甘い幻想を抜け出し、理想の結婚生活を具体的にイメージするためには、既婚女性が良いメンターになってくれます。

間違っても婚活している仲間や、独身女性だけの女子会ばかりするのはNGです!たまにはいいけど、できるだけ既婚女性とどんどん会って話を聞いてみましょう。

既婚者は結婚に関してはあなたより先輩です。結婚に至るまでの過程をいろいろと聞くだけでも参考になります。

ただ、既婚女性であれば誰でもいいかというと違います。夫婦といっても、いろんな夫婦がいて、それぞれカラーも違いますが、できれば結婚して2~3年目ぐらいの既婚女性がおすすめです。

新婚ならではの甘い雰囲気も残しながら、夫婦として確固たる生活を築きはじめるのが、ちょうど2~3年目の夫婦だからです。

それ以上長くなると、安定しすぎていて、ときに旦那さんの不平、不満といったグチ、悪口や結婚生活の現実だけがクローズアップされすぎて、帰って結婚への意欲が失せてしまうこともあるからです。

理想は結婚して2~3年目、それ以上の場合はいわゆるおしどり夫婦と呼ばれている夫婦もいいでしょう。間違っても夫婦仲がうまくいっていない既婚女性は避けましょう^^

自分自信をしっかり理解すること!

理想の結婚相手がいまいちわからない・・・・・という婚活女性は意外と多いようです。

それは理想の結婚生活が具体的にイメージできてないということもありますが、もう一つ原因があります。

それは、「自分のことをよくわかっていない」ことです。自分のことは自分が一番わかっているという人がいますが、実は自分のことを一番わかってないのも自分なんです。

どういうことかというと、理想と現実がかけ離れているということです。

自分が思っている「私」と、周りから思われている「私」が案外違っていることってありませんか?

自分のことをわかっていないと婚活は本当に苦労します。私がそうだったように・・・・。婚活で苦労して婚活疲れにならないためにも、婚活を長引かせないためにも、あなたのことを客観視してくれる人を見つけましょう。

友達でもいいし家族でも構いません。大事なのは、あなたのよき理解者であること、なんでも言える仲である必要があります。

もしいなければ婚活アドバイザー、婚活カウンセラーなどプロの手を借りてみるのもいいかもしれません。

ちなみに私は婚活カウンセラーにアドバイスもらったり、結婚相談所で活動していた頃は専任の婚活アドバイザーにいろいろとお世話になりました。

大事なことは、あなた自身もわかっていない自分の魅力や良さを見つけてくれて、それを今後の婚活に活かせるようアドバイスしてくれる人もときには必要です。

そうすることで、婚活する上で何が足りなくて、何が必要かが明確になり成果も出やすくなります。

プロのアドバイスには抵抗があるという人は、あなたのことをよく知っていて理解力のある知人、友達、家族でもいいですが、できれば結婚して2~3年目の既婚女性が理想的です。

「私ってどんなひと?」
「どんな人が合うと思う?」
「どうして今の旦那さんに決めたの?」

などあなたの人となりや、結婚生活のコツなど、いろいろと聞いてみましょう。自分一人で考えるよりも、冷静で的確なアドバイスが得られるし、その中にあなたのこれからの婚活に活きるヒントが必ずありますから。

スポンサーリンク

【最後に】自分に合った婚活をしていますか?

婚活といってもいろんな婚活サービスだったり方法がありますよね。

結婚相談所を始め婚活パーティー、お見合いパーティー、ネット婚活、趣味コンといったイベント婚活など。

それぞれ特徴も違うし、何より性格によって向き不向きがあります。例えば、人見知りな性格で男性との会話に慣れていないのに、必死に婚活パーティーに参加している女性もいます。

婚活パーティーは他の婚活サービスと比べて一度に多くの男性と出会うことができます。参加料も女性の場合は無料や500円、高くても2~3000円とリーズナブルで気軽に参加できるのが魅力です。

でも、あなたの性格に合ってない、あるいはあなたが苦手とするもので勝負しなければいけない婚活方法を選ぶと圧倒的に不利になります。

婚活する際は、自分がどういう性格で、何が得意で何が苦手かをしっかりと把握してから、あなたに合った婚活をするようにしましょう。


※自分に合った婚活方法を知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。簡単なチェックであなたにピッタリの婚活法が見つかりますよ^^

自分に合った婚活していますか?結婚を叶えるために要チェック!
婚活といっても今はさまざまな婚活方法があります。我武者羅に婚活を頑張ってみても、その婚活方法が自分に合っていなければ上手くいかないどころか、精神的に病んで婚活疲れを助長するだけ!結婚が遠のく婚活をしないためにも自分に合った婚活方法はなにか、
スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る