結婚相談所の成婚率の実態|鵜呑みにしてはいけない理由とは?

結婚相談所を決める一つの基準に「成婚率」ってありますよね。

でも、この成婚率っていまいち信用できない
って方もいませんか?

そこで今回は結婚相談所が掲げる成婚率について
掘り下げてみようと思います。

入会する際の参考にきっとなるはずです。

スポンサーリンク

そもそも成婚率の基準は何?

そもそも成婚率って言うけど、何を持って成婚
とみなすかってご存知ですか?


私は「成婚=結婚」って思ってたんですけど、
実はそうではないんです。

成婚とみなす基準は相談所によって
多少の誤差はあるようですけど参考までに。

結婚相談所で言うところの「成婚の定義」は
お互いに結婚の意思があるかどうかです。


つまり、まだ結婚していなくてもお互いに
結婚の意思があれば成婚率にカウントされるってこと。

よく「成婚退会」って聞くと思うんですけど、
これも婚約まで行っていなくてもお互いに結婚の
意思があれば成婚退会にカウントされます。

でも当然、成婚退会した後に
気が変わって結婚しないカップルもいますよね。

でもそれは退会した後のことだから、
成婚率はそのままってことになります。

結婚相談所の成婚率が高い本当の理由

結婚相談所によって成婚率の算出方法も
実際には違うようですね。

成婚率の算出方法は経産省(経済通産省)が
算出式を決めていて「成婚者÷会員数」です。

でも多くの結婚相談所は実際にはこれとは
異なる計算式で算出してるケースが多いみたい。

よくあるのが・・・
会員数、つまり分母をなるべく少なくするんです。
分母が少なくなれば、それだけ成婚率は上がりますよね。

例えば、会員数を退会者飲みにしたり、
自社の会員が他社で結婚が決まっても
自社の成婚者とカウントするとか・・・

また、入会条件を広く設定しているところと
広く設定しているところでは、成婚率だって
当然変わってきますよね。

成婚率は目に見えるアピールポイントだから
どの結婚相談所もやっぱり高く見せたいんです。

でも実態は、こういったなんともせこいカラクリ
というか水増し的な算出方法で成婚率を出して
いたりするわけですね。

とはいっても経産省の算出式はあくまで
基準として制定しているので、必ずしも
違う算出式でも法的処置はないんでしょう。

それでも成婚率は参考にすべき?

成婚率の実態について書いてきましたけど、
結局のところ成婚率は参考にすべきか?
ってことですけど・・・・

結論!成婚率はアテにならない!しない!
というのが私個人の意見です。

というよりこの実態を知れば、
あなたもアテにしないですよね?

だから結婚相談所の無料体験や説明会などで、
成婚率を前面にアピールしてくるところは
私はまず信用しません。

だってアテにならないって知ってるから^^

これはその結婚相談所を見極める一つの
指針というか基準に逆になりますよね。

あえて「成婚率は?」と聞いてみて、
スタッフの対応をみることで、その相談所の
質や誠意を確かめることができると思うんです。

成婚率は実際にはアテにならない。
あくまでも参考程度です。
なぜなら結婚するのはあなただから、
この成婚率は当てはまりません!

とハッキリと誠意を持って答えてくれる
スタッフさんであれば、それだけで入会後の
対応がどういったものか推測できますよね。

「成婚率はアテにしない!
その代わり結婚相談所を見極める際の
ツールとして使うのがベスト!」

というのが私の結論です。

結婚相談所をそれでも利用すべきか?

ここまで読んだ方は、結婚相談所なんて
利用するもんじゃないな~っておそらく
思ったと思うんです。

だって結婚相談所に入会するには
入会金・月額費用などそれなりにお金が
どうしてもかかりますもんね。

成婚率がアテにならないなら
本当に結婚できるかどうか確信が持てないのに
高いお金を払ってまで利用する価値ってあるの?

って普通なら誰でも思うでしょうね。

私も正直そういう気持ちがありました。
でも私はそれでも結婚相談所の利用を
前向きに考えたし実際に利用しました。

紆余曲折あったけど今の夫と出会えて
今では1児の母として毎日奮闘中です。

だから言えるんだ!と思う方もいるかも
しれませんが、だからこそ言えるんです。

その理由はと言いたいですけど、
ちょっと長くなるのでここまでにします。

あなたがもし結婚相談所の利用を
迷ってるんだったらこちらも併せて
読んでみてください。

何かしらの参考になると思います。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る