婚活がうまくいかない本当の理由3選!真の原因は自分自身にあるかも?

「只今、婚活中!だけど全然うまくいかない・・・・」

「私が気に入った人には相手にされず、
私の好みじゃない人に限ってアプローチされる・・・」

これって婚活している方から本当によく聞く言葉ですね。
あなたも同じようなこと言っていませんか?

真剣に結婚相手を求めて努力して婚活している
にも関わらず未だに「この人!」と思えるような
出会いがない。

またカップリングしても交際までいかない。
交際しても長続きしない。

1年2年3年と何年も婚活を必死で頑張っているのに
もしもうまくいかないのであれば相手にというよりも
むしろあなた自身にあるかもしれません。

そこで頑張って頑張って婚活をしているのに
いっこうにうまくいかないという女性に共通している
要因が3つあるので以下にお伝えしておきます。

もしかしたら、あなたにも当てはまるかもしれない
のでこの機会に自己分析もかねてチェックしてみてね。

スポンサーリンク

うまくいかないと嘆く婚活女子に共通すること3選

プライドが高い

学生時代にモテていた女性にとくに多いのがこのタイプ。

周りの男性からいつもチヤホヤされたり、
常に彼氏がいた女性がとくに陥りやすいようです。

「きっと私ならすぐに見つかるわ!」と意気揚々と
婚活を始めるもの期待とは裏腹に男性陣からのウケ
が悪いことに違和感を感じ始めます。

「こんなはずじゃない・・・。どうして?」と
自分ではその理由がわかりません。

確かに10代20代の頃、学生時代はモテた
かもしれませんが、今こうして婚活をしている
自分が現実なわけです。

ただ、男性からチヤホヤされたりモテた経験が
ある女性はどうしてもその時の意識が消えません。


そのことがプライドとなって、
婚活パーティーを始めお見合いなど出会いの場に
いくと自分では出していないつもりでも言動に出てしまいます。

そうなんです。自分ではそのつもりはなくても
出てしまっているから厄介なんですよ。

無意識だから自分ではなぜ男性の反応がイマイチ
なのかがわからないのです。でもそれもそのはず
無意識に出ている言動だからです。

ネガティブ思考

ネガティブ思考の方はやっぱり婚活に限らずですが、
何をやってもなかなかうまくいかないですね。

私が実はもともと超がつくほどのネガティブ人間
でしたから・・・・。

でもこれってポジティブに考えようとしても
すぐにはなかなかなれるものでもないですよね。

簡単になれたら誰も苦労なんてしないわけで・・・。
ネガティブ思考の方の口癖は決まってこれ!


「どうせ私なんて・・・・」
「どうせ私のことなんて誰も相手してくれない・・・」
あなたも、こんな言葉が口癖のように出ていませんか?

確かに誰でもネガティブになることもあります。
どんなにポジティブな人でも落ち込むことや
ネガティブになることがあるでしょ?

でもいつもそうやって物事をマイナスに考えて
いてはいつまでたってもいい方向にはいきません。

だってそうでしょ?

「どうせ私は30代だし・・・」なんて言っている
女性を見て男性は魅力を感じるでしょうか?

容姿や性格、年齢は確かに相手に与える印象は
大きいかもしれません。

だけどこれらってそんな簡単に変えれるもの
じゃないですもんね。ましてや年齢なんてどうにも
ならないことですもん。

あなたも一度くらい思ったことありませんか?

「なんでこんな子が彼氏いるの?」
「なんであんたがそんな素敵な男性と結婚できるの?」

決して本人の前では口に出して言えることでは
ないんですけど、正直私は思ったことがあります。
本当に悔しいやら悲しいやら・・・。

そんなことを思う自分が嫌になり、
どんどん自己嫌悪にはまっていきました。

自分のことを好きに思えない私をいったい誰が
好きになってくれるでしょうか?

すごく立ち直るまでに時間はかかったけど、
だけどそういった経験を経て今は自分が好きだし、
前よりは随分とポジティブ思考になれました。

  • 自分に自信がないとき
  • 自己嫌悪に陥ったとき
  • ネガティブ思考になったとき
  • そんなときは誰でもいいので出会った人、
    目の前にいる人をとことん褒めてみましょう。

    もちろん嘘はダメですけど、相手の良いところに
    目を向ければ誰にでもかならず良いところがあります。

    目の前にいる人を褒めてあげると、
    不思議と相手もあなたのことを褒めてくれるように。

    そうすると今まで自分では気づかなかった
    自分の長所や魅力に気づいたりすることもあります。

    他人に褒められたことは素直に受け止めましょう。
    それはあなたの魅力なのですから。

    そうすることで自然と自分を受け入れられる
    ようにもなっていくし、自分を好きになること
    にも繋がっていきます。

    そして、それがやがて自信に繋がっていくのでは
    ないかと思うんです。

    上から目線

    最後に「上から目線」ですね。これもとても厄介です。
    なぜなら自分では無意識でやっているからです。


    「私って別に相手に高望みしてないのに・・・」
    「決して理想が高いわけじゃないのに・・・」
    「普通の男性でいいのに・・・」

    これも婚活がうまくいかない女性に共通する口癖です。

    確かに理想や相手に求める条件を聞いてみると
    決して高いというわけではないんです。

    高くはないけど一つ一つの条件が細かったり、
    条件がやたら多すぎたり、妙なこだわった条件
    を持っているケースが往々にしてあります。

    高くないけど細すぎるので、
    「自分では決して理想は高くないのになぜ?」
    となってしまうわけです。

    だから婚活パーティーやお見合いなどで
    いろんな男性と出会っても一つでも気になる
    ところがあると無意識に敬遠してしまうんです。

    そして決まって言うのが「いい人がいない」です。

    そうやって上から男性陣を覗くような意識では
    なかなか良い出会いには巡り会えないかもしれませんね。

    「誰かいい人いないかな~」ではなく目の前にいる
    男性との出会いに感謝して、会話中も相手に寄り添う
    気持ちで接することで相手の魅力に気づけるように
    なっていきます。

    最初の段階で品定めして見切りをつけるのではなく
    もっと相手の言葉や行動に関心を持ってみましょう。

    そうでないとあなたの目の前に、あるいは近くに
    理想の男性が現れたとしても気づかずにチャンス
    をみすみす見過ごすかもしれませんよ。

    最後に

  • うまくいかないことを相手のせいにしていないか?
  • 「どうせ私なんて」が口癖になっていないか?
  • 無意識に上から目線で品定めしていないか?
  • 他にも考えられる理由はあるようですが、
    とくに今回あげた3つが婚活で失敗する理由
    として主なものです。

    どうでしょうか?
    当てはまることがありましたか?

    自分のことって自分が一番わかっているようで
    実は近すぎて一番わかってないって言いますよね。

    今回の記事があなたのこれまでの婚活を見つめ直す
    いい機会になれば幸いです。

    スポンサーリンク
    この記事を読んだ人がよく読んでいる記事




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る